”本当に”健康になるための情報をお届けします!

健康になるためのブログ🐾

こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、「健康になるためのブログ」の最新記事が届きます。ぜひ、登録お願いします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

【異常】山口県下関市議会が「戦争法案」の成立を先取りした内容の決議案「早く出さないと安倍総理のお膝元としての面目が立たない」

投稿日:

zenmenwwqqqqqqqqqq

山口県下関市議会の議会運営委員会が、国会で審議中の安全保障関連法案の成立を先取りした内容の決議案を、9月議会への提出予定議案としてまとめたことが10日分かりました。

スポンサーリンク

http://www.47news.jp/CN/201509/CN2015091001001635.html

下関市は安倍晋三首相の地元。自民党などの与党会派が「決議を早く出さないとお膝元としての面目が立たない」として押し切った形で、野党会派は「法案可決を見込んだ決議案など聞いたことがない」と反発している。

 議案は「平和安全法制の速やかな確立に関する決議案」と題し、「平和安全法制整備法ならびに国際平和支援法が成立した今こそ、国民の生命と財産を守る安全保障体制を確立することを強く要望する」としている。

zenmenwwqqqqqqqq

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

http://iwj.co.jp/info/whatsnew/guide/22704

議案は「平和安全法制の速やかな確立に関する決議案」と題し、「平和安全法制整備法ならびに国際平和支援法が成立した今こそ、国民の生命と財産を守る安全保障体制を確立することを強く要望する」としていたそうです。この文言、ちょっと異常すぎませんか?

 国民の多くが反対し、成立してもいない法案を「成立した今こそ」と先取りして、「安全保障体制を確立することを強く要望する」として、安倍総理の背中を押す下関・自民党。安倍総理にとっては可愛くて仕方がない忠実な臣下かもしれませんが、国民にとっては「民主主義の敵」以外の何者でもありません。

 どこまでも国民を蔑ろにする安倍一派。地元・下関市民はそれでいいのでしょうか? 「うちのバカどもが失礼しました…」と顔を赤らめている下関市民の皆さんは、地元の愚か者たちに厳しいお灸を据えてやったらどうでしょう。よろしくお願いします。

⇒下関市公式ウェブサイトはこちら

山口県で最大の人口27万人を擁する下関市。27万人の市民の皆さんの総意はこれでオッケーなのでしょうか?

市民の政治参加は選挙で議員を選ぶだけではありません。自分たちが選んだ議員をしっかりと監視し、おかしなことをしないようにすることも絶対に必要なことです。

あくまで「国民主権」ですから、政治家には「一時」だけ、「とりあえずやってみたら」というスタンスで、仕事を委託しているだけです。全権委任しているわけでは決してありません。おかしなことをすれば当然次の選挙後は仕事はありません。

こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、「健康になるためのブログ」の最新記事が届きます。ぜひ、登録お願いします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

いつもシェア・拡散お疲れ様です<(_ _)>

-政治経済
-,

Copyright© 健康になるためのブログ🐾 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.