”本当に”健康になるためにシンクタンクとして提言します。

健康になるためのブログ🐾

こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、「健康になるためのブログ」の最新記事が届きます。ぜひ、登録お願いします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

【立憲の国会質問を「批判一辺倒」とレッテル貼りしてるようじゃ通信社失格】時事通信記事「菅首相「安全運転」の答弁 立憲、批判一辺倒影潜め―予算委」

投稿日:2021/01/26/ 12:09 更新日:

菅首相「安全運転」の答弁 立憲、批判一辺倒影潜め―予算委

25日の衆院予算委員会で与野党の本格論戦がスタートした。最大の論点である新型コロナウイルス対応をめぐり、菅義偉首相は答弁を関係閣僚に任せるなど安全運転に徹する一方、立憲民主党は緊急事態宣言の再発令のタイミング、病床不足など「国民の疑問」に沿って質問し、批判一辺倒の姿勢は影を潜めた。

次期衆院選をにらむ立憲としては今国会で政権と厳しく対峙(たいじ)する選択肢もある。しかし、かねて「コロナ対策に与野党はない」と訴えてきただけに、批判一辺倒では国民の理解を得られないとの懸念が強い。内閣支持率の急落にもかかわらず、立憲の政党支持率は低迷したままだ。立憲ベテランは「世論を意識してやっている」と解説する。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

健康Mr.K
5年ぐらい前の民主党・民進党時代は確かに「揚げ足取り」に見えるような質問もありましたが(政府の答弁はそれ以上に酷かった)、モリカケぐらいからは「批判のための批判」「批判ポーズ」と感じるような部分はほぼなく、至極「まっとう」な質問をしているというのが「事実」だと思いますよ。特にコロナ対応に関しては、全く機能していない政府与党を野党が引っ張っているというのが「事実」です。こんな国難の時に、通信社が、全く現実を見ていないレッテル貼りして、ありもしない事実を記事にしてていいのでしょうか。【おまけ】立憲が全然で物足りないのは別件です。

こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、「健康になるためのブログ」の最新記事が届きます。ぜひ、登録お願いします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

関連記事

「健ブロ」をシェア・拡散して健康な社会を取り戻そう!

-政治経済
-

Copyright© 健康になるためのブログ🐾 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.