”本当に”健康になるための情報をお届けします!

健康になるためのブログ🐾

こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、「健康になるためのブログ」の最新記事が届きます。ぜひ、登録お願いします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

【野党は共闘デモ?】野党共闘がどこまで成功するかも国民の声次第!デモ・直接陳情などで世論を形成することが必要か

投稿日:

edaawwaaqqqqzzqqq

スポンサーリンク

http://www.sankei.com/premium/news/150926/prm1509260020-n3.html民主党の戦略方針が確立されたのは7月27日だった。党の安全保障政策の重鎮で、参院特別委の筆頭理事を務めた北澤俊美元防衛相が、同日の参院本会議で行われた代表質問で「国民が求めているのは対案ではなく、廃案である」と言い切ったのだ。

民主党内では当時、保守派や現実論者を中心に「対案」の提出を目指す動きが活発化していた。執行部内で対案にこだわってきた細野豪志政調会長は、グレーゾーン事態に対処する「領域警備法案」を維新の党と共同提出するだけで精いっぱいだった。

国会内でもシュプレヒコールが聞こえるデモは、必要以上に民主党議員を鼓舞した。党幹部の一人は9月16日夜、参院特別委での採決をめぐり緊迫する中で「まだデモやってるね。勇気づけられるよ!」と笑みをみせていた。

 国会での徹底抗戦が支持されているとの感触を持ったのは岡田氏も同様で、18日の記者会見では「手応えを非常に感じている」と語っていた。

安保法撤回・・・共産が連立提案、民主「ハードル高い」(15/09/25)


民主党・細野政調会長 共産党との連携に“反対”(15/09/25)

http://news.livedoor.com/article/detail/10628153/
前原誠司元外相も24日の自身のグループ会合で共産党との選挙協力について「あり得ない。逃げる票の方が多い」と批判。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

「野党共闘が上手くいっていない」「なんだよ民主~」と思っている方も多いでしょう。民主党の右派議員の言葉を聞いてはらわたが煮えくり返っている人もいるでしょう。その気持ちよくわかります。

でもここで、「やっぱだめじゃね~か」とあきらめたり、文句ばかりを言っていても始まりませんよね。「違うぞ」と思ったらやはり、声を上げることが大切というのは国民がここ数カ月で学んだ大きな事です。

そして、声を上げることによって民主党の右派をここ数か月「ずっと黙らせてきた」という実績もあります。冒頭に紹介した産経の記事からもわかるとおり、やはり国会議員は「デモ=国民の声」に大きく動かされていたのです。

「やっぱだめじゃね~か」という声が出るという事は、やはりどこかで政治家に期待しているのだと思います。「ホントはいい人なんじゃないかな」みたいな。もちろんごく一部そういった議員もいるでしょうが、ほとんどは風見鶏です(ダメですよ政治家信じちゃ)。

与党も野党も関係なく「政治家はコントロールするもの」ということを今一度思い出して、大きな風を再び吹かせて、国民の声を政治の現場に届けていきましょう。

こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、「健康になるためのブログ」の最新記事が届きます。ぜひ、登録お願いします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

いつもシェア・拡散お疲れ様です<(_ _)>

-政治経済
-,

Copyright© 健康になるためのブログ🐾 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.