【意味不明】「アベノミクスはうまくいく、ただし、みんなが頑張れば」by小泉進次郎 精神論?かけ声政治?とにかく意味がわかりません。

公開日: : 政治経済 ,

reqqwwaaqq

小泉進次郎復興政務官が都内で講演し、アベノミクスについて、「うまくいくには条件があるということを発信する必要があるのに、発信していない」と政府の姿勢について指摘しました。

スポンサーリンク

http://news.tbs.co.jp/sp/newseye/tbs_newseye2602031.html

「『アベノミクスはうまくいく、ただし条件がある、それは皆が頑張るということ。それがなかったらうまくいかない』ということを、本当は言わないといけない。その発信が今、あまりないですよね」(小泉進次郎復興政務官)

また、安保関連法に対する国民の理解が広がっていないことについて、「自民党の姿勢が、権力のおごりととらえられた部分があると思う」と述べた他、今年6月に自民党の若手議員らが開いた勉強会で「報道機関に圧力かけるべき」などとの発言が出たことについて、「自分たちはずっと権力側にあるという発想からくるものだ」と指摘し、自民党全体の姿勢についても厳しく批判しました。

小泉政務官、アベノミクスがうまくいく条件を発信する必要がある

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

アベノミクスに関して庶民がどこを頑張ればいいのかまったくわかりません。国民の年金をぶち込んで株価を吊り上げたアベノミクス第一弾で大企業にたまりにたまった内部留保を吐き出させることができるのは政治家しかいないでしょう。お前が頑張れよという話です。

そして、自民党の権力のおごりを指摘するなら問題が出た時々に早々とやれよと、今さらどの口が言うのでしょうか。しかも、メディアとの癒着とかまだまだ指摘することはやまほどあります。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑