【騒然】6月7日の自民党全国一斉演説、聴衆からは「違憲」「戦争立法反対」の声が上がる。

公開日: : 最終更新日:2015/06/14 政治経済 ,

6月4日の衆院憲法審査会で、自民党が推薦した早稲田大の長谷部恭男教授を含む、3人の有識者全てが「集団的自衛権は違憲」との考えを述べたことにより、野党が法案撤回要求をするなど批判が高まりました。この状況を受けて、自民党は7日に全国約100カ所で一斉に行われる街頭行動で平和安全法制に理解を求める演説を行いました。

o-LDP-570
CG3_dQvUQAErGi-
CG4r6F0U8AEETk8
CG4r6IYUIAEbCuP
CG35aGdVAAAkY3o
CG35aGUUQAEOXsi
CG369J2UgAACHpa

以下ネットの反応

現場に行っていないのでわかりませんが、かなり反対の声も上がっているようです。まあ、自民党側が推薦した学者までもが「違憲」と言ってるんですからスンナリいくわけがありませんね。

しかし、このタイミングで一斉に街中に演説にいく意味が分かりません。明らかに反対勢力に油を注ぐタイミングではないでしょうか?推薦した学者の件と言い、政府内の指揮系統がぐちゃぐちゃになっているのでしょうか?

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑