【MERS速報】韓国ネット民絶望。MERSで隔離対象の韓国人医師、1泊2日で海外へ。

20121002_69234

MERSの陽性判定を受けた患者を診療し、『自宅隔離対象者』となっていた医師が6日、夫人と共にフィリピンに出国し、翌日帰国していたことがわかりました。

http://www.recordchina.co.jp/a110964.html

2015年6月8日、韓国・聯合ニュースによると、中東呼吸器症候群(MERS)に感染した患者を診療し、隔離対象となっていた韓国人医師が、海外に出国していたことが分かった。

光州市と全北淳昌郡保健医療院は同日、「MERSの陽性判定を受けた患者を診療し、『自宅隔離対象者』となっていた医師が6日、夫人と共にフィリピンに出国し、翌日帰国していたことが分かった」と明らかにした。

関係者によると、同医師は「MERSの症状が全くない」と主張し、自宅隔離対象者となっていることに強く反発していたという。

以下韓国ネット民の反応。

「政府は隔離対象者をちゃんと管理しているのか?自分たちへの批判コメントを監視するのと同じくらい、厳しく監視してほしい」
「MERSの恐ろしさは医師が一番よく分かっているはずでは?」
「そんな人が医師をやっていていいの?医師免許を剥奪するべき」

「その医師に子どもはいないのか?もしいたら、その子どもが通う学校名を公表するべきだ。学校を休ませているわけがない」
「他人に迷惑を掛けることを何とも思わない韓国人のレベルの低さにがっかり…」

「政府だけに問題があるのではない。これ以上感染が拡大しないように、国民1人1人が気を付けるべきではないの?」
「フィリピンでMERSが流行ってしまったらどう責任を取る?今後、怖くてフィリピン旅行に行かれない…」
「韓国国民が海外にどんどんMERSを輸出している。本当に恥ずかしい」

以下日本のネット民の反応。

日本にMERS感染者が来ていたとしてもなんら不思議はない状況になっています。対応がまずい韓国政府の責任が最も重いのはもちろんのことですが、この医師は重罪に課すべきだと考えます。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑