【辞める?】年金情報流出で何らかの被害が出た場合⇒「補償しない」by塩崎厚生労働相⇒1日後「やっぱ補償する」

公開日: : 健康, 社会保障

siozai

日本年金機構が加入者情報を流出した問題で昨日塩崎厚生労働相は、流出した個人情報が悪用され成りすまし被害が出た場合の対応について「金銭的な補償を行う考えは今は持っていない」と発言しました。

しかし、本日朝、厚労省の樽見英樹・年金管理審議官が「誰かに(年金を)とられてしまって、『しょうがないですね』と申し上げるつもりは毛頭ない」と述べ、だまし取られた年金額は本人に支払うという昨日の塩崎厚生労働相の発言とは異なった考えを示しました。

http://mainichi.jp/select/news/20150609k0000m040149000c.html

塩崎恭久厚生労働相は8日、日本年金機構の加入者情報流出問題に関し、流出した個人情報が悪用され、何らかの被害が出た場合の対応について、「金銭的な補償を行う考えは今は持っていない」と発言した。衆院の決算行政監視委員会で、民主党の柚木道義議員の質問に答えた。

 塩崎厚労相は、各地の機構の年金事務所などで2次被害が出ないよう本人確認を徹底していることを改めて説明。「何よりも国民の年金を守ることを最優先にすることが大事」と強調したが、2次的被害が出た場合の補償については否定した。

http://www.asahi.com/articles/ASH685Q8DH68UTFL00J.html

日本年金機構がサイバー攻撃を受けて約125万件の個人情報が流出した問題で、塩崎恭久厚生労働相は8日の衆院決算行政監視委員会で、情報が悪用されて年金をだまし取られた場合について「補償を行う考えはいま持っていない」と語った。情報が流出した該当者への金銭などの支払いもしない方針。補償の財源は税金となるため、慎重な姿勢を示したとみられる。

「補償しない」とした時のネットの反応。

http://www.asahi.com/articles/ASH693GQRH69UTFL001.html

 日本年金機構がサイバー攻撃を受けて約125万件の個人情報が流出した問題で、厚生労働省は9日、情報を悪用されて別の人物が受給者になりすまし、本来の受給者が年金をもらえない被害が出た場合、年金額は受給者本人に支給する方針を示した。塩崎恭久厚労相が「なりすまし被害」に対する補償を否定したことに補足したものだ。

 塩崎氏は8日の衆院決算行政監視委員会で、「なりすまし被害」が出た場合に「補償を行う考えはいま持っていない」と答弁した。

 これに対し、厚労省の樽見英樹・年金管理審議官は9日午前の民主党の会合で、「(答弁は)なりすましや二次被害を防止することが大事で、そのなかで補償をすることについて今は申し上げるつもりはないという趣旨だったと理解している」と説明。その上で「誰かに(年金を)とられてしまって、『しょうがないですね』と申し上げるつもりは毛頭ない」と述べ、だまし取られた年金額は本人に支払う考えを示した。一方、被害者に対する年金額以外の補償や個人情報が流出した該当者への金銭的な対応は重ねて否定した。

「やっぱ補償する」とした時のネットの反応。

15分過ぎから問題の塩崎厚生労働大臣の答弁があります。

「(答弁は)なりすましや二次被害を防止することが大事で、そのなかで補償をすることについて今は申し上げるつもりはないという趣旨だったと理解している」と樽見英樹・年金管理審議官は必死にフォローしていますが、動画を見ると民主党の柚木道義(民主党・無所属クラブ) 議員が「なりすまし被害の年金受給者に補償はされないんですか」という質問に対して、塩崎厚生労働大臣は「補償しない」と言っちゃってます。

柚木議員もネット民のみなさんも言ってますが「民間企業では考えられない」対応です。

そして、補償することになってもその財源は税金、数日前に記事にしましたが情報流出の後始末も税金です。

【イイの?】年金情報流出の“後始末”に僕らの税金が1年で「50億円」使われそうですけど。

ついでに言っとけば、現在僕らが納めている年金の一部を運用している「‎GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)」は昨年秋から株に大量に突っ込んでます。だから株価が上がってるんですが、もし株価が暴落したら僕らの年金も吹っ飛びます。

果たして、僕らは年金をもらえるのでしょうか。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑