【接近】鳥取安保法撤回集会:民主・連合系実行委員が共産党に参加を呼びかけ!鈍い執行部を置き去りに地方が動く!

公開日: : 政治経済 ,

001

スポンサーリンク

http://mainichi.jp/area/tottori/news/20151107ddlk31010646000c.html
安全保障関連法の撤回を求める「鳥取西部怒りの大決起集会」が6日夜、米子市のJR米子駅前広場であった。主催した民主党や連合鳥取西部地協などの実行委は共産党に対して初めて正式に参加を呼びかけ、福住英行西部地区委員長や県議、市議らが出席した。安保法問題での民主・連合系の集会に共産党が正式に参加するのは県西部で初めてといい、両者の接近を印象づけた。

 会場には約2000人(主催者発表)が参加。基調講演で憲法学者の小林節・慶応大名誉教授が「戦争の危険があるのに私たちは幸せになれない。来夏の参院選で野党が共闘すれば、ねじれ国会を実現できる」と野党の選挙協力を訴えた。

 会場には連合傘下の労組旗のほか、民主党と共産党の党旗、共産党支持団体の旗が林立し、「国会勢力の地図を塗り替える」というアピールを採択した。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

岡田・蓮舫などの執行部がウダウダぐだぐだ言っている間にも、地方では野党共闘を進める動きが着々と進んでいるようです。しかも、今回は民主・連合系が共産に参加を呼びかけたというのですから歴史的ではないですか。

野党共闘がなかなか進まずやきもきしている人も多いと思いますが、こうして地方で一人一人が頑張ることで道が開けていくのではないかと思います。さらにこんなこと言っちゃアレですが、ここまで政治的関心が高まり自公を倒せる可能性が出ただけでも画期的だというのが現実だと思います。腐ることなく、一喜一憂することなく、地道にやるしかないでしょう。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑