【緊迫】TPA法案は可決!しかしセットのTAA法案は否決!よってTPA法案も成立せず。しかし週明けに再び採決の可能性。

公開日: : 最終更新日:2015/06/17 健康, 医療・病気関連ニュース, 社会保障, 食関連ニュース

ssssaarrssaaaa

13日アメリカ議会下院は環太平洋経済連携協定(TPP)の合意のカギを握る、大統領に権限を一任する「貿易促進権限(TPA)」法案を1票差の僅差で可決しました。しかしTPA法案は失職者支援プログラム法案と呼ばれる「貿易調整支援制度(TAA)」法案とセットになっており、両方の法案が可決されなければ成立できません。

「貿易調整支援制度(TAA)」法案はオバマ大統領が所属している与党:民主党内でも反対者が多く賛成126票、反対302票で否決しました。よって、「貿易促進権限(TPA)」法案も単独では可決されたものの成立とはなりませんでした。

http://www.asahi.com/articles/ASH6F114YH6DUHBI02C.html

米議会下院(定数435、欠員1人)は12日、環太平洋経済連携協定(TPP)の合意のカギを握る「貿易促進権限(TPA)」法案とセットで議論されていた関連法案について、賛成126票、反対302票で否決した。同時に採決したTPA法案は可決されたものの、この関連法案の可決がなければ成立できないため、TPP交渉は頓挫か前進か、際どい情勢が続いている。

 否決されたのは、TPPのような貿易自由化で職を失った人を支援する「貿易調整支援制度(TAA)」法案。上院を通過したTPA法案はTAAとセットになっており、TPA法案の成立には、両方の可決が必要となる。下院はTPA法案部分は賛成219票、反対211票で可決した。

 野党・共和党のベイナー下院議長は、TAA法案について再採決を求める動議を出した。議会関係者によると、TAA法案について、週明けにもTAA部分の法案が再び採決される可能性がある。

http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NPUHR2SYF01W01.html

TPA法案を最終採決に持ち込む前提とされていた、外国との貿易によって失職した労働者を支援する法案は、賛成126、反対302で否決された。続いて行われた象徴的な採決でTPA法案は賛成219、反対211で可決されたが、失職者支援プログラム法案が可決されない限り、大統領には送付されない。

下院は失職者支援法案を16日に再び採決する計画だ。同法案が通過すれば、TPA法案は大統領に送付される。

下院歳入委員会のライアン委員長(共和、ウィスコンシン州)は採決後の記者会見で、「大統領はなお自分の政党と協議する必要がある。この法案はまだ終わっていない」と述べた。

民主党議員で失職者支援法案に賛成票を投じたのはわずか40人で、演説で同法案を批判したペロシ下院院内総務を含め144人が反対票を投じた。

米下院、TPA関連法案否決 最終結論を来週以降に持ち越し

TPPの「促進権限」法案、米下院可決も再調整へ

ssssssssssaassssaarrssssssaarrssaassssaarrssaaaassssaarrssaaaazz

以下ネットの反応。

記事にもありますが、週明け(16日)にもTAA法案が再び採決される可能性があります。現在は反対者が多数ですが5月の上院でもあっという間に覆ったという事例があります。TPA法案が可決されればあれよあれよという間にTPPの合意へと突き進む可能性が高いでしょう。週明けの動向を注視する必要があります。

追記

16日。米下院、TPP交渉妥結に不可欠な法案採決を先送り


ccccccccvvccccvvvvccccvvvvaaccccvvvvaavv

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑