【沈みゆく欧州】若者の4分の1が自国経済への絶望から海外移住を希望。ギリシャでは若い女性の売春が大量に増え相場は1時間4ユーロ(520円)。

【沈みゆく欧州】若者の4分の1が自国経済への絶望から海外移住を希望。ギリシャでは若い女性の売春が大量に増え相場は1時間4ユーロ(520円)。

公開日: : 政治経済, 海外

 7月13日、欧州議会のシュルツ議長は、欧州の将来は危機にひんしていると述べた。また、ギリシャの一時的なユーロ圏離脱は議題ではないとの認識を示した。アテネで6月撮影(2015年 ロイター/Marko Djurica)

 7月13日、欧州議会のシュルツ議長は、欧州の将来は危機にひんしていると述べた。また、ギリシャの一時的なユーロ圏離脱は議題ではないとの認識を示した。アテネで6月撮影(2015年 ロイター/Marko Djurica)

http://www.xinhuaxia.jp/social/84776
欧州最大の負債管財企業Intrum Justitiaのレポートによると、欧州で18~24歳の若者のうち23%が外国に移住したいという考えがあることは、欧州の若者が国の経済に自信をもてない現状を示している。

ハンガリーで6割にのぼる若者は海外に移住したいと望んでいる。それは、調査対象の21カ欧州国の中で比率が最も高い。ポーランドとスロバキアの移住欲望はハンガリーに続き、41%、40%に達した。イタリア、ポルトガル、ギリシャの若者でも3割を超えている。

http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2015/12/post-7878.html

記事によると、ドイツのメルケル首相とヨーロッパの銀行によって、ギリシャ国民に強いられた生活水準急落のおかげで、非常に多くの若いギリシャ女性が売春に追いやられている。性的サービスを提供する女性の数が大量に増えたため、価格は、一時間4ユーロにまで低下した。つまり、チーズパイや、サンドイッチに十分な4.24ドルが、強欲銀行幹部が押しつけた緊縮策が、女性の体を一時間利用するのに対して付けた値段なのだ。30分なら、価格は、2.12ドルだ。彼女たちは、最低賃金さえ得られない。

http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2015/12/post-7110.html

強欲な銀行幹部やIMFによって、ギリシャ女性が売春を強いられていることに関する私のコラム記事“資本主義作動中”に、緊縮策がヨーロッパ中で同じ影響をもたらしているという証言を伝える女性から多数ご意見を頂いた。

下記はポルトガルからのメールだ。

“あなたの記事‘資本主義作動中’は、まさにポルトガルで起きていることを描いています。大学の授業料や食費を払うため、若い女性が体を売るのはありふれたことです。


以下ネットの反応。

学費のためにソープで働く慶大生、売り専に走る男子学生も…カラダを売るしかない「貧困大学生」が急増中

日本でも学費のために学生が体を売るという悲惨な状況になっていますが、ギリシャでは体を売っても生活できないような状況にまでなっているようです。

日本に住み、若者でない自分は正直なところ自分事として実感できませんが、もう相当ヤバい所まで追い詰められているようです。

 

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑