【注意】アジアでイスラム国による「クリスマス・テロ」の危険を専門家が指摘「日本もイスラム国の標的だ!」

公開日: : 政治経済, 海外

grfc

スポンサーリンク

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151205-00000078-san-asia

欧州や北アフリカで相次ぐ「イスラム国」のテロ。テロ問題研究の権威で「政治的暴力・テロリズム研究国際センター」(ICPVTR、シンガポール)のロハン・グナラトナ所長が産経新聞の取材に応じ、アジアの戦闘員が中東から母国に帰還して活動を活発化する恐れがあるとし、アジアでのテロ発生に懸念を示した。宣伝効果が高いクリスマスの期間を狙ったテロ計画の危険性も指摘した。

グナラトナ所長は、イスラム国が先週、世界の支持者にイラクやシリアでの戦闘支援から方針を転換するよう伝達し、自らの国で、クリスマス期間中に攻撃や暴力行為を遂行するよう命令したとの情報があると語った。

所長は北東アジアと東南アジアのイスラム国支持勢力が連携しているとの見方を示し、関係国によるテロ対策連携の重要性が増していると訴えた。また、米国主導の有志連合を支持する日本もイスラム国の「テロの標的だ」と警告した。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。





【標的に】IS(イスラム国)が日本の市民を虐殺するとISの機関紙で表明!理由は「日本はアメリカ率いる国際連合を支持しているから」

直接戦闘行為に関与している欧米諸国に比べればアジア各国の危険は少ないと思ってますが、アジアでのテロという可能性もあるのでしょうか。

日本では外務官が下記のような発言をしているのに全然報道しませんもんね。安倍総理の「テロとの戦いに連携する」発言ばかり報道してます。

【重要発言】日本は対IS(イスラム国)有志連合へ参加しない「日本は国際舞台において非軍事的な責務を果たす」川村外務報道官

テロというのは宣伝効果を狙うらしいので、今年はクリスマスに海外旅行へ行ったり、繁華街に出かけたりするのは控えた方が賢明かもしれません。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑