【暴露】米新聞ワシントン・タイムズ「アメリカ政府はIS(イスラム国)を支援している。ISに対抗しているという政府の主張を信用してはならない」

公開日: : 政治経済, 海外

grf
http://www.washingtontimes.com/news/2015/dec/7/l-todd-wood-russia-right-white-house-helped-isis-s/

スポンサーリンク

http://japanese.irib.ir/iraq/item/60519-

アメリカの新聞ワシントン・タイムズが、「アメリカ政府は、トルコ向けの原油密輸に際して、テロ組織ISISを支援している」と報じました。

ワシントン・タイムズは7日月曜、インターネットサイト上で、「ISISに対抗しているというアメリカ政府の主張を信用してはならない」とし、「トルコへの原油密輸というISISの行動に目をつぶるアメリカの行動は、世界におけるこの組織の勢力拡大に共謀していることを示すものだ」と報じています。

また、「ロシア国防省は先週土曜、ISISの管轄下にあるシリアの地域からの、トルコへの原油密輸を黙認しているとして、アメリカを非難したが、これに対しアメリカはこのルートから密輸される石油の量は微々たる物であると反論している」としました。

さらに、ロシアがISISのタンカーを標的にしていることに触れ、「ロシアは、ISISの拠点を空爆することで、ISISを殲滅する決意を示したが、アメリカはトルコへの原油密輸というISISの行動を黙認することで、今後この組織が力をつけ、世界のほかの地域に勢力を拡大し、人々の命を脅かすことになることについて、その責任を問われるだろう」としています。

スポンサーリンク

以下ネットの反応。






世界が極右化していくなかで、カウンターとしての動きも強まっているのでしょうか?とうとうアメリカの新聞が「アメリカ政府はISを支え、国民にウソをついている」と記事にしました。これは「アメリカとISがつながっているなんて陰謀論だ!」と思っている人には驚きの情報でしょう(世界にはそういう人が多いので極右化してます)。

しかし、こういった情報が新聞に載ると言うのは、その手の人たちの力が衰えているのでしょうか?だったら喜ばしい限りですが。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑