”本当に”健康になるための情報をお届けします!

健康になるためのブログ

【年金消滅か】「高齢者は75歳以上」と学会が提言。65~74歳は「支えられる側」から社会の「支え手」に

投稿日:

c1ef5_uuoaapsio

高齢者は75歳以上、学会が提言
高齢問題の研究者らでつくる日本老年学会などは5日、現在は65歳以上とされている「高齢者」の定義を75歳以上に見直し、前期高齢者の65~74歳は「准高齢者」として社会の支え手と捉え直すよう求める提言を発表した。医療の進歩や生活環境の改善により、10年前に比べ身体の働きや知的能力が5~10歳は若返っていると判断。活発な社会活動が可能な人が大多数を占める70歳前後の人たちの活躍が、明るく活力ある高齢化社会につながるとしている。

 高齢者の定義見直しは、65歳以上を「支えられる側」として設計されている社会保障や雇用制度の在り方に関する議論にも影響を与えそうだ。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

「1億総活躍」「働き方改革」というものの本質が見えてきましたね。社会保障費は納めるけど、もらえない。強制的生涯現役社会の到来です。

【祝】

新成人の皆さん、おめでとうございます。これから55年間現役で、年金もなくなりそうですが、希望を持って頑張りましょう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

いつもシェア・拡散お疲れ様です<(_ _)>

-仕事・労働, 社会保障
-, ,

Copyright© 健康になるためのブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.