【言い訳】安倍総理「妻がパートで25万円とは言っていない」「そんな話は枝葉末節の議論だ」ネット「庶民感覚とずれすぎてるのが問題」

ggt

スポンサーリンク

http://www.nikkansports.com/general/news/1591408.html
パートで働き始めた妻が受け取る賃金の額をめぐり、安倍晋三首相が8日の衆院予算委員会で、たとえ話の中で「25万円」と述べたことに、12日の同委員会で、民主党の西村智奈美議員が激しくかみついた。「(金銭)感覚がずれている人が、雇用政策をまともに行うことはできない」と、指摘した。

 首相が「パート」という言葉を使ったかどうかでも、双方は対立。首相や安倍政権の「金銭感覚」を問う質問も投げかけられた。

「パートの現状を分かっているのか、どこにあるのか教えてほしいと、ネットでは、批判が渦巻いている」と述べ、国民の感覚とかけ離れた説明だったと批判した。

 一方の首相は、「私は、パート(が25万円の収入を得る)とは言っていない」と反論。「パートなら、8万か9万円ではないかと思うが」とも述べた。

安倍首相の「パートで月25万」発言  そんな稼げるパートあるの?!

西村智奈美(民維) VS 安倍総理激怒「 パートで働き始めた妻の月収を”25万円”発言で大西議員と言った言わないの大論争!」

安倍 今日も反論「妻がパート25万円とは言っていない」

ggtff

ggtffff

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

「景気が上向いてきたから働こうかということで働き始めたら」「いきなり月収25万円貰える仕事があるなら紹介してくれ」など、パートと言っていようがいまいが庶民の感覚とずれすぎてることが問題視されてるんですよね。

そして、この話を枝葉末節の議論として片付けようとするのもおかしな話です(山尾議員の質問)。政治って本来は庶民のために行われるものですから、庶民の生活がどうなっているのか把握するのは非常に重要なことですよね。暴れん坊将軍だって庶民に扮して城下に視察に出てるじゃないですかね。

国民の苦しい状況を理解していれば、たとえ例でも月収25万・50万なんてことは言えないはずです。そして、そんなことを言えば国民が激怒するのもわかるはずです。ま、このへんがおぼっちゃんなんですよね。

で、国民がこれほど食いついたということはやはり数字通りに国民の生活は苦しくなってる一方で、政府だけが強弁している「景気は回復基調にある」というのは大うそという事になります。もし本当に自信があるのなら、第一弾のアベノミクスの総括をしてもらいたいものです。

それでも、ネットで話題になったことがこれほど国会で取り上げられるとは、やはりネットで意見を言うのは大事ですね。庶民の声をダイレクトに迅速に国会に反映させることができる手段としてネットは必須のツールになりました。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑