【1月30、31日読売・共同・毎日世論調査・政党支持率】甘利大臣の辞任にも関わらず、安倍内閣支持率は50%を超え、自民党は支持を伸ばす!

hhbg

http://www.chunichi.co.jp/article/front/list/CK2016020102000075.html
共同通信社が三十、三十一両日に実施した全国電話世論調査によると、

甘利氏を閣僚に任命した安倍晋三首相の任命責任は「ある」が46・8%、「ない」は50・1%だった。甘利氏は衆院議員を「辞職するべきだ」は39・7%、「辞職する必要はない」は55・5%だった。

夏の参院選比例代表の投票先は自民党が38・4%、民主党が12・5%。

 政党支持率は、自民党が42・1%で前回比5・2ポイント増だった。民主党は0・2ポイント減の9・5%で、おおさか維新4・5%、公明党4・1%、共産党3・4%、社民党1・3%、生活の党0・5%、維新の党0・3%だった。改革結集の会、日本のこころを大切にする党、新党改革は回答がなかった。「支持政党なし」の無党派層は33・3%となった。

スポンサーリンク


hhbggggggg

hhbgggggggaa

hhbgggggggaaww

http://www.yomiuri.co.jp/feature/TO000302/20160131-OYT1T50081.html
読売新聞社は1月30~31日、甘利明・前経済再生相の辞任を受け、緊急全国世論調査を実施した。

ただ、安倍内閣の支持率は56%となり、前回調査(1月8~10日)の54%からほぼ横ばいで、重要閣僚だった甘利氏辞任の影響は、現時点ではみられなかった。不支持率は34%(前回36%)。

 違法献金疑惑への安倍首相の対応を「適切だった」とした人は57%で、「適切でなかった」の28%を大きく上回っている。内閣支持率が低下しなかったのは、甘利氏の早期辞任という対応が評価されたためとみられる。

hhbggg

毎日新聞は30、31両日、全国世論調査を実施した。安倍内閣の支持率は51%で、昨年12月の前回調査から8ポイント上昇した。支持率が5割を超えたのは2014年3月調査以来。不支持率は30%と前回より7ポイント低下した。

政党支持率は、自民が前回比5ポイント増の34%。このほか民主7%▽公明5%▽共産4%▽おおさか維新4%−−などで、「支持政党はない」と答えた無党派層は34%だった。

毎日新聞:甘利氏の辞任でも内閣支持率上昇について。- 2016.01.31

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

大臣が辞任して内閣の支持率が上がるというのは異常ですね。「はめられた」「いさぎよい」と自民党とメディアにコントロールされてしまった国民が多いということでしょうか。

そして、憲法改正には反対が50%いますが、自民党や大阪維新を応援したら参院選後に憲法改正につながるということを理解していない国民が多いのでしょう。

甘利氏の辞任は経済に関係なく、日銀の政策も経済をよくするとは思ってないが、まあ今の状態が何となく続くでしょうということで自民党支持の人が多いのかな?

ま、とにかくこの結果から言えることは野党のどうしようもなさでしょう。特に民主党。おそらく、民主党の今の展望は「参院選で候補者調整はしないで、共産党候補だけに降りてもらって、勢力を縮小しながらも野党第一党を確保」です。改憲阻止・安保法廃止なんて微塵も考えてないでしょう。

このままだったら、参院選野党惨敗、憲法改正に突き進むのは目に見えています(徹ちゃんもそう言ってます)。民主・維新の新党なんて作ったって何の意味もないでしょう(維新の支持率は生活の党よりも下です)。

翁長新党・学者の党など永田町外部からの新風が吹きこまない限り、大局は動きそうにありません。それか思い切って民主党を外して参院選の比例名簿を作る動きをするとか。なんかいい方法ありませんかね?

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 芋洗大師 より:

    ああぁ〜〜〜・・・
    あぁ・・・
    ああぁ・・・
    「あ」は、「アホ」の「あ」・・・
    どんだけアホや・・・?
    この国は、末期なのか・・・?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑