”本当に”健康になるための情報をお届けします!

健康になるためのブログ

【目前】10年後の2025年には介護職員が38万人不足の見込み。あなたは会社に勤めながら親の介護できますか?

投稿日:

employ_img_care
厚生労働省は24日、「団塊の世代」がすべて75歳以上になる2025年度に介護職員が約38万人不足する恐れがあるとの推計を公表しました。

介護職員38万人不足 2025年度推計http://apital.asahi.com/article/story/2015062500003.html

厚生労働省は24日、「団塊の世代」がすべて75歳以上になる2025年度に介護職員が約38万人不足する恐れがあるとの推計を公表した。介護職員は年々増えているが、いまのままでは介護サービスの需要増加に追いつかないという。

介護保険制度が始まった00年度に約55万人だった介護職員(非常勤含む)は増え続け、13年度は約171万人になった。

20年度の必要数は全国で約225万7千人で、供給数は約20万人足りない。25年度の必要数は約253万人で、不足数は約37万7千人。

介護職員 10年後に約38万人不足のおそれhttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20150625/k10010126591000.html

介護現場で深刻な人手不足が続く中、10年後には全国でおよそ38万人の介護職員が不足するおそれがあることが、厚生労働省の推計で分かりました。

都道府県ごとに見てみますと、介護職員が最も不足するのが東京で3万5000人余り、次いで大阪が3万3000人余り、埼玉で2万7000人余りなどと、今後高齢者が増加する都市部を中心に、人手不足が一層深刻になる状況がうかがえます。

介護職員 10年後に約38万人不足のおそれ


oaoaffoaffgg

以下ネットの反応。

ロボットや外国人の方に介護を助けてもらったとしても、おそらく介護職員の不足は払しょくされないでしょう。高知新聞では「介護職員の待遇改善を着実に進めよ」と力強く提言していましたが、おそらく抜本的な改革はなされないでしょう。

そんな状況下では、自分の親は自分で介護していくということをしっかりと視野に入れておかなければなりません。会社に勤めながら介護が可能ならいいですが、それが無理そうなら会社を辞めて、介護しながらでもなんとか食べて行けるように準備しておく必要があります。

ネットを見る限り、かなりみんなの関心は薄いですが(ツイート数など参考)、2025年まであと10年しかありません。自分事だとしっかりと受け止めて対応していきましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

いつもシェア・拡散お疲れ様です<(_ _)>

-健康, 社会保障
-

Copyright© 健康になるためのブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.