【母の愛は海よりも深し】5月5日「子供の日」にママの会が新宿で街宣!自衛官の母親「この活動をするに当たって、息子一家と縁を切った。息子に恨まれるより、死なれる方がつらいからだ。」

公開日: : 政治経済

bbghyy

スポンサーリンク

http://www.christiantoday.co.jp/articles/20767/20160506/mothers-no-war-shinjuku.htm
爽やかな5月の空が広がる子どもの日。新宿で、安保関連法に反対するママの会が、発足以来、2度目となる街宣を行った。新宿西口駅前には、およそ500人が足を止め、ママたちの訴えに耳を傾けた。

「だれの子どももころさせない」を合言葉に集まった全国のママたちは、現在、北海道から沖縄まで47都道府県の各地域に分かれ、地域に即したさまざまな活動を展開している。この日は、北海道、沖縄から駆けつけたママをはじめ、連休最終日、子連れで会場を訪れた首都圏のママが中心となり、「安保関連法の廃止を求める2000万人署名」などの活動を街頭で行った。

北海道から駆けつけた平和子さん(仮名)は、すでに、南スーダンへの派兵メンバーに決まっている自衛官の息子がいる。「ニュース、ネットで南スーダンの事情を知れば知るほど、怒りが込み上げてくる。私の息子に何かあったら、誰が責任をとってくれるのか? 命を返してくれるのか? この活動をするに当たって、息子一家と縁を切った。息子に恨まれるより、死なれる方がつらいからだ。このまま自分が黙っていて、万一のことがあったら、自分は後悔すると思った。絶縁状には、『生き抜け。自分のところに来てくれた宝物、奥さんと子どもを守り抜いて、天寿を全うしてくれ。それが母さんの願いです』と書いた。私たち母親に求められているのは、人間として一番大切なものを伝えることだと感じている。母親は、命を生み、育む。どこの国にも母親がいる。世界の母親が手を取り合えば、子どもたちに住みやすい世界を手渡せるのでは」と必死の訴えをした。

会場には、上智大学の留学生も姿を見せ、ママたちのスピーチに聞き入った。スペインから来たという女性は、「SEALDsのような学生団体は、スペインにもある。しかし、ママだけのこうした団体は聞いたことがない。非常に興味がある」と驚いた表情を見せた。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-05-05/2016050502_01_1.html
ママの会は“だれの子どももころさせない”を合言葉にSNSでつながった母親たちが、仕事や育児を抱える中で、アメリカが起こす戦争に日本が加わることへの不安から声をあげ、親子で学ぶ憲法カフェや、思いをあらわすスタンディング行動、国会前行動など多彩なアピール活動を、各地で繰り広げてきました。

160505 5.5 ママの新宿ジャック・街頭宣伝

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

ママの会にくだらない中傷をしている輩もいるようですが、そういう人たちは自分にも母親がいること、母親になり子供が戦場に行き殺される・人を殺めてしまう事になるかも知れないとなったら、いったいどんな気持ちになるかということを、よくよく考えるべきです。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 芋洗大師 より:

    あ”ー・・・
    行けばよかった。行くつもりだったが、もたもたして時間になってしまったので、やめました。
    参加者を増やして、もっと盛り上げたいですね。
    ママの会、ありがとう。次は行くからね。

  2. 匿名 より:

    自民党やアメリカのために死にたい人だけ自衛官になればいいんだよ
    人助けがしたけりゃ、介護とか消防士でも目指せ

    • 匿名 より:

      災害時、どうすんの?
      地方は就職場所がすくないんだよ。自衛隊が救済になっている部分もある。
      しかも、任官希望者は減る一方よ。

      • 匿名 より:

        自衛官の本業は戦争で災害救助じゃないでしょ
        災害に常に備えるというなら、災害救助隊でも新設して、そっちに自衛官を移せばいいよ
        陸自とかから大半を移せばいい

  3. シロクマヒグマ より:

    お母さんの気持ちはわかるけど、PKO(南スーダンへの派遣)と集団的自衛権(いわゆる安保法制)とは全く別の問題なので、そこのところをはき違えてしまっては、縁を切られた息子さんがかわいそう。

  4. 匿名 より:

    南スーダンにPKOで派遣されてる自衛隊に任務追加が予想される駆け付け警護を選挙で拒否しましょうと言う話ですね。
    自衛隊員は政治活動はしないと宣誓させられますからね。外から働きかけるしか他ない。
    さらに自衛隊員のみならず、家族としても背負うことになる「家族として戦争を追体験したPTSD」のことも考え、その病気になる可能性が絶無でないとなると、的はずれとは言い難い。
    全自衛隊員の家族に至るまでの社会問題の可能性も。政府はそこまで考えないからね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑