【興奮】パナマ文書の提供者が初の声明で革命の可能性に言及!「次の革命はデジタルによるものだろう。もう始まっているかもしれない」

公開日: : 海外

20110106005458973

スポンサーリンク

http://www.afpbb.com/articles/-/3086293
世界の富裕層によるタックスヘイブン(租税回避地)を利用した節税の実態を暴いた通称「パナマ文書」を提供した人物が6日、匿名のまま声明を発表し、超富裕層の腐敗が資本主義を崩壊させ、革命を引き起こす可能性があると論じた。

匿名提供者は声明の冒頭で「所得の不平等はわれわれの時代を特徴づける問題だ」とし、その大半に非があるのは、弁護士や政治家、メディアの支援を受けた世界の裕福なエリート層による「巨大で広範にわたる腐敗」だと非難している。

また「こうした過ちが集積した影響として、倫理基準は完全に侵食され、ついには、われわれがいまだに資本主義と呼んでいる新たな制度をもたらしたが、これは経済奴隷に等しい」とし、さらに租税と権力の不均衡が「革命につながる」ことは歴史が示してきたと述べ、「次の革命はデジタルによるものだろう。もう始まっているかもしれない」と記している。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

パナマ文書の内容が公開される5月10日がいよいよ迫ってきましたね。もしかしたらですが「資本主義」の終わりの始まりになるかも知れないのが「パナマ文書」です。そこまでいかなくても、間違いなく今の世界のトレンドである労働者階級(99%)の逆襲の流れを膨らますものではあるでしょう。

はたして「デジタルによる革命」は成功するのでしょうか?とにかく時代の分岐点にあることだけは間違いなさそうです。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 匿名 より:

    革命までいかなくても、暴動とか保守政党の壊滅とか企業の不買運動とかはあるかも
    革命というと、仮に成功したらその後どうするか?
    という視点が絶対いるからなあ。
    パナマ文書は、猛烈な怒りを世界中で引き起こす。けど、その不満や怒りが革命に至るには時間がいるんじゃないかな

  2. 芋洗大師 より:

    大丈夫、日本は平和です
    (キリッ)。
    だって、マスコミに鮨、おごってやってるもん。
    (安倍談話)

  3. 自公政権じゃ駄目だこりゃ! より:

     今回の「パナマ文書の流出」に関係している「ICIJ」に出資しているのは、フォード・カーネギー・ロックフェラー・ケロッグ・ヒューレット財閥と共にジョージソロスのオープンソサエティーだとされ、欧米系企業の名はあまり出ず、反ロシアのプロパガンダ的に言われますが、「極めて強い疑問」を感じている事が有ります。

     アサンジは積極的に動けなくとも、「ウィキリークス」の活動を支援した組織や、他者のコンピューターに侵入してデーターなどを盗んで晒す「アノニマス」などが参戦し、「パナマの他の法律事務所」や「ウォールストリート・シティなどの他の租税回避地」に籍を置く企業・個人の情報の入手などが全く存在しないのか、公表・報道されない事が不思議です。

     彼らは一体何をしているのでしょうか?

     もしかしたら、お里が、、、。w

  4. 匿名 より:

    パナマ文書暴露が終わったら租税回避しているほかの国にも注意が行くと思うだけどね。パナマ文書の件で公の機関が動かなくても市民によって必ず暴露されると思うけどね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑