”本当に”健康になるための情報をお届けします!

健康になるためのブログ

戦争法案に対しての地方議会の政府への意見書可決状況。144議会「反対」・181議会「慎重」・8議会「賛成」

投稿日:

pw
安全保障法制や集団的自衛権の行使容認をめぐり、全国で少なくとも331の地方議会が国会や政府への意見書を可決していることがわかりました。

スポンサーリンク

安保法制、144議会「反対」 181議会「慎重」http://www.asahi.com/articles/ASH767W4YH76UTIL05Q.html

集団的自衛権の行使や法案そのものに批判的で、廃案や撤回などを訴える意見書を「反対」、逆に法案成立を訴えるものを「賛成」、慎重審議や国民の理解、十分な説明などを求める議会を「慎重」の立場とした。

衆議院が今年になって受理した安保関連の意見書の数は、6月中旬までは70通ほどだった。それが一気に300通を超えた。

 その多くが、先月の憲法審査会で憲法学者が法案を「違憲」と断じた点に触れている。反対から慎重まで濃淡はあるものの、最近の法案審議に地方議員が一定の懸念を抱いていることの表れと言える。

 国政と同じく、地方議会も保守系や自公の議員が多数を占める。彼らが賛同して、意見書が可決された例は少なくない。地域社会に身近な地方議員による異議申し立ては、自公の支持層も含む有権者に、法案の内容や議論の進め方への理解が十分進んでいないことを示している。

安保法案、全国の地方議会から意見書相次ぐ あなたの街は「賛成」?「反対」?http://www.huffingtonpost.jp/2015/07/09/_n_7759040.html

【賛成とする意見書を採択した地方議会】
■県議会

秋田県
長崎県

■市区町村議会

東京都:豊島区、三鷹市、町田市、調布市、日野市、八王子市

【反対とする意見書を採択した地方議会】
■県議会

岩手県

■市区町村議会

北海道:旭川市、黒松内町、森町
青森県:外ケ浜町、佐井村、新郷村、平内町、鰺ケ沢町
岩手県:一関市、一戸町、奥州市、宮古市、軽米町、大槌町、滝沢市、二戸市、北上市、陸前高田市
宮城県:美里町
秋田県:羽後町、小坂町
山形県:山形市、南陽市、尾花沢市
福島県:喜多方市、桑折町、古殿町、石川町、川俣町、天栄村、南会津町、南相馬市、浪江町
茨城県:美浦村
埼玉県:宮代町、長瀞町
千葉県:御宿町
東京都:国立市、狛江市、小金井市、武蔵野市
神奈川県:鎌倉市、中井町、葉山市
新潟県:加茂市、関川村、五泉市、湯沢町
長野県:安曇野市、王滝村、下條村、喬木村、御代田町、高山村、佐久穂町、坂城町、山形村、上松町、信濃町、須坂市、大桑村、大鹿村、辰野町、中川村、南箕輪村、南木曽町、飯綱町、飯山市、飯島町、豊丘村、箕輪町、木曽町、木島平村
愛知県:扶桑町
三重県:東員町
滋賀県:甲良町
京都府:宇治市、向日市
兵庫県:新温泉町
奈良県:三郷町、川西町、大淀町
鳥取県:湯梨浜町、日南町
広島県:三次市、庄原市、世羅町
徳島県:那賀町
高知県:芸西村、香南市、四万十町、大月町、大豊町、田野町、土佐市、馬路村、本山町
福岡県:嘉麻市、苅田町、粕屋町
佐賀県:大町町、大分県:中津市
宮崎県:川南町、門川町
沖縄県:西原町、大宜味村、那覇市、南風原町、北谷町、北中城村、名護市

【慎重な審議を求めるとする意見書を採択した地方議会】
■県議会

三重
鳥取
長野

■市区町村議会

北海道:せたな町、小樽市、帯広市、日高町、名寄市
岩手県:花巻市、久慈市、野田村
宮城県:栗原市、蔵王町、村田町、大崎市、登米市、名取市、涌谷町
山形県:河北町、真室川町、西川町、天童市
福島県:伊達市、会津坂下町、会津若松市、金山町、須賀川市、浅川町、只見町、飯舘村
栃木県:下野市
埼玉県:さいたま市、伊奈町、横瀬町、滑川市、鴻巣市、上尾市、鳩山町、富士見市、北本市、本庄市、草加市
東京都:小平市、千代田区、品川区
神奈川県:相模原市、平塚市
新潟県:胎内市、柏崎市
福井県:越前市
山梨県:甲府市、韮崎市、北杜市
長野県:阿南町、伊那市、栄村、下諏訪町、宮田村、軽井沢町、小諸市、小川村、松川村、松本市、諏訪市、生坂村、千曲市、大町市、中野市、佐久市、朝日村、長和町、東御市、南牧村、白馬村、富士見町
岐阜県:海津市、郡上市、高山市、多治見市、美濃加茂市、本巣市、輪之内町
静岡県:焼津市、富士市
愛知県:稲沢市、岩倉市、犬山市、春日井市、大口町、知多市、碧南市、豊明市
三重県:いなべ市、伊勢市、紀北町、亀山市、桑名市、菰野町、多気町、大台町、朝日町、鳥羽市、鈴鹿市
滋賀県:守山市、多賀町、豊郷町、野洲市
京都府:京田辺市、精華町、大山崎町、八幡市、木津川市
兵庫県:加西市、尼崎市、豊岡市
奈良県:三宅町
和歌山県:かつらぎ町、橋本市、串本町、日高町
鳥取県:境港市、琴浦町
岡山県:赤磐市、奈義町、和気町
広島県:竹原市
徳島県:牟岐町
高知県:土佐町、南国市
福岡県:うきは市、みやこ町、宇美町、吉富町、志免町、大刀洗町、筑前町、中間市
宮崎県:えびの市、高原町、小林市
鹿児島県:南さつま市

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

ほとんどの憲法学者が憲法違反と言い、国民の8割が(安倍首相に)逃げずにしっかり答弁しろと言い、地方議会も戦争法案反対が多数で、地方の自公議員も反対してるとなると、戦争法案に賛成しているのは自民党国会議員とネトウヨだけということになります。

この状況下で強行採決することは普通の民主主義政権では考えられません。

安倍政権が、独裁政権なら考えられなくもないですが・・

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

いつもシェア・拡散お疲れ様です<(_ _)>

-政治経済, 管理人
-

Copyright© 健康になるためのブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.