うつ病は製薬会社が作り上げた病気?苫米地英人氏が製薬会社の陰謀を暴露!

公開日: : 医療・病気関連ニュース

yyeee


スポンサーリンク


以下ネットの反応。

「薬だけ」「薬と運動」「運動だけ」という3群に分けた実験でも、「運動だけ」が一番改善したという結果が出てますからね。2番は「薬と運動」。

「心身相関」で心と身体なんて本来分けられるもんじゃないんですから(心ってどこにあるの?)、「心的なもの」が不調な時は、「身体的なもの」の調子を整えてやれば自然と「心的なもの」が引っ張りあげられるは自明でしょう。

苫米地英人も昔はうさんくせーおっさんだなと思ってましたが、今や貴重な発言者と感じます。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 匿名 より:

    バカ特有の陰謀論が今日も炸裂

  2. 芋っち より:

    >「心身相関」で心と身体なんて本来分けられるもんじゃないんですから、「心的なもの」が不調な時は、「身体的なもの」の調子を整えてやれば自然と「心的なもの」が引っ張りあげられるは自明でしょう。

    激しく同意!!!!
    ミスターKは東大卒なの?!

  3. 自公政権じゃ駄目だこりゃ! より:

    「水木しげる氏」の製薬企業のアニメが提示していた様に、「利益追求を至上命題」とする民間企業ならば、その効果を審査する官庁から天下りを受け入れたり、審査官を頻繁に接待したりと「癒着した構造」が「うつ病」だけでは無く国内外の薬品・ワクチン・医療などで行われていても、何等の不思議も有りません。

    日本の医療機関での「エックス線検査の過剰」が、癌による死亡率増加の原因と指摘されたり、期待される程の効能が無い薬品が医療・福祉予算を圧迫し、「子宮頸癌ワクチン」に代表される様に重篤な副反応を引き起こしたりしていますが、医者や製薬企業などには「莫大な利益」を齎しています。

    製薬企業・軍事産業などは、本来は病気・敵対勢力が存在しないにも関わらず、「自らの存在意義」を誇示する為に「新たな敵を作り続ける」のでしょう。

    愚かな連鎖を断ち切るには、「利益追求の民間企業」では無く、公益財団などの形態に変えるしか無さそうです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑