【日本の話です】「小1で大学断念」を変えるため総力挙げる沖縄の人々

公開日: : 政治経済, 社会問題 ,

yye

http://bylines.news.yahoo.co.jp/yuasamakoto/20160910-00061770/
子どもの貧困率が29.9%と、全国平均(16.3%)の2倍近い沖縄県。

とりわけ衝撃的だったのは、子が小学校1年の段階で、貧困層の親の28%が大学進学を断念していると答えたアンケート結果だ。

見えてきたのは、官民挙げてのコラボレーション。

行政・NPO・企業が、子どもの貧困に関してできることに取り組んでいる。

それぞれが連携しながら「総力挙げて取り組んでいる」(沖縄県 子ども生活福祉部長・金城弘昌氏)という取組姿勢に、

沖縄県の状況の深刻さと、危機感の共有からくる結束と、そして希望を見た。

しかし、こうした積み重ねの結果、生活保護世帯の高校進学率は6年間で81%から90.5%に伸びている(2010~2015年)。

特に男子の進学率は65%から91.3%と大幅な改善を示している。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

素晴らしい取り組みですが、本来だったら「国(政府)」が率先してやらなければならないことです。だって子供は国の宝ですからね。子供に投資しない国は亡ぶに決まってますよね。安倍政権は子供の貧困を「寄付」で賄おうとしていますが、全然集まらないようです。海外には何兆円もバラマクのに(日本の企業が受注して潤う)、日本の子供には少しもお金を使ってくれません。でもマリオやっときゃ支持率上がるんですからね~・・・

【役立たず】安倍総理呼びかけの「子供貧困基金」開始から2カ月で寄付600万にとどまる。個人218件:企業4件

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 芋っち より:

    大学に行ってもあんまり意味ないような気がするが、それに気付くのは、大学に行ったからであり、大学に行きたいなら、経済的条件に大きく左右されずに大学に行けるような状況を整えるべきでしょう。
    ごちゃごちゃ書いたけど、素晴らしい取り組みだと思います。
    そして本来、国がやるべきことを(国がだらしないから)民間が補完しているのだということも、その通りです。

  2. 匿名 より:

    まぁ奨学金はただの借金ってばれちゃったからね
    政治が悪いから次の世代の道も適正関係なく閉ざされる
    自民党支持者は過去・現在(現実)・未来全て見通せないくらい目が濁っているようだ
    せめて現実くらいは見たほうがいいと思う

  3. 匿名 より:

    大学絶対主義が変わらない限り日本は良くなりませんよ。
    世の中は大学の学問が必要な職業ばかりではありません。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑