”本当に”健康になるための情報をお届けします!

健康になるためのブログ🐾

【画期的】大阪地裁がネット上のヘイトスピーチを「人種差別」と認定!都知事選立候補の桜井誠氏に賠償命令!まとめサイト「保守速報」も2200万円の損害賠償を求められ裁判中!

投稿日:2016/09/28/ 11:16 更新日:

ffrde

http://www.huffingtonpost.jp/2016/09/27/zaitoku-sakurai-discrimination_n_12210876.html?ncid=engmodushpmg00000004
ネット上の民族差別発言で精神的苦痛を受けたとして、「在日特権を許さない市民の会」(在特会)と、元会長の桜井誠(本名・高田誠)氏に対し、フリーライターで在日韓国人の李信恵(リ・シネ)さん(45)が計550万円の損害賠償を求めていた裁判で、一審・大阪地裁の増森珠美裁判長は9月27日、人格権の侵害を認め、在特会側に計77万円の支払いを命じる判決を言い渡した。

産経WESTによると、判決は在特会を「在日朝鮮人を日本から排斥することを目的に活動する団体」と認め、会長だった桜井氏の発言が「在日朝鮮人への差別を助長、増幅させる意図で行われた」として、日本が加入する人種差別撤廃条約に違反すると認定した。
http://www.sankei.com/west/news/160927/wst1609270049-n1.html
判決理由で増森裁判長は、在特会会長だった桜井氏がネット動画やツイッターで、李さんのことを「朝鮮ババア」「差別の当たり屋」などと表現し、名前とかけて「ドブエ」と連呼したと指摘。「社会通念上許される限度を超える侮辱行為で、原告の人格権を侵害した」と批判した。

李さんは、まとめサイト「保守速報」に対しても、「朝鮮半島に帰れ」といった書き込みをまとめたブログ記事を掲載したとして2200万円の損害賠償を求めて裁判で争っている。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

極めてまともな判決ですし、ネットでの書き込みにもヘイト(人種差別)が認められたことは画期的です。

どこの国にも変な人もいればまともな人もいるのは当然ですが、それをひとまとめにして「あの国の人は全員ダメなやつだ」なんて言うバカな発言はダメという事ですね。僕だってネトウヨと一緒にされて「日本人は差別主義者ばかり」と言われるのはイヤです。

今まで軽い気持ちで差別をしていた人たちは、考え直して早く辞めるべきです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

いつもシェア・拡散お疲れ様です<(_ _)>

-社会問題
-, ,

Copyright© 健康になるためのブログ🐾 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.