【マスゴミ】トランプ氏勝利で新聞・テレビの影響力低下が鮮明に!読売新聞は有権者が「SNSの”偏った”情報に”依存”している」と分析

公開日: : 政治経済, 海外, 社会問題 ,

2016041100177_1

http://www.yomiuri.co.jp/world/20161111-OYT1T50031.html?from=ytop_main2
米大統領選での共和党ドナルド・トランプ氏の勝利を受け、新聞・テレビの影響力の低下を嘆き、メディアの「敗北」を認める声が広がっている。

 今回の大統領選では、米有力100紙のうち57紙が民主党候補のヒラリー・クリントン氏を支持し、トランプ氏への支持を表明したのは2紙だけだった。トランプ氏に投票しないように呼びかけた新聞も少なくなかった。

 にもかかわらず、トランプ氏が圧勝したことについてCNBCテレビは、「国民は主要メディアの調査や(社説での)見解を大して気にかけなかった」と自らの影響力低下を認めた。

 背景にあるのは、大手メディアに対する信頼性の低下と、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)からの偏った「ニュース」に依存する有権者の増加だ。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。









米国では主流マスゴミの洗脳報道が効果を発揮しなくなり(ウソがばれた)、SNSによる「生の情報」を多くの人が共有するようになり自分で判断するようになっただけのことでしょう。それを読売は「偏った」「依存」なんて表現するんですからね~。

とは言え、トランプがマスコミと、既存政党支配体制側に取り込まれる可能性もあるわけです。そうなったら最悪です。まあ、さすがにそうなったら大暴動が起きると思いますが・・「(大企業の利益のための)TPP反対」と言って当選したのに、TPP推進しているようなものですから・・

「トランプ」・・差別野郎(庶民に見えやすい・わかりやすい)「ヒラリー」・・大企業の味方(わかりにくい)

どちらも最悪ですが、大企業ばかりが儲けた結果(米の中東介入なども)の格差拡大が世界各地の(不満からの)極右化につながっていると考えてますので、原因は根っこから叩くという面から「トランプ」の方がマシだったのかな~と今は考えています。

ヒラリー⇒逮捕、トランプ⇒辞職も期待してます。

http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2016/11/post-c475.html
アメリカ国民がオリガーキーを打ち破ることができたアメリカ大統領選挙は歴史的なものだ。ドナルド・トランプに対する悪質なマスコミ・キャンペーンにもかかわらず、オリガーキーの代理人、ヒラリー・クリントンは敗北した。これは、マスコミと、既存政党支配体制は、もはやアメリカ国民の信頼を得ていないことを示している。

トランプが、彼と、アメリカの雇用を回復し、ロシア、中国、シリアやイランと、友好的で礼儀をわきまえた関係を確立するという目標に仕える閣僚を選び、任命できるかどうかはまだわからない。

トランプの勝利に対し、オリガーキーが一体どう対応するのかまだわからない。ウオール街や連邦準備金制度理事会 トランプを守勢に立たせるために、経済危機を引き起こして、トランプに、連中の誰かを財務長官に任命するよう強制するために危機を利用することが可能だ。CIAとペンタゴンのならずもの職員連中は、ロシアとの友好的な関係を粉砕するような偽旗攻撃を引き起こしかねない。トランプが間違いをして、閣僚にネオコンを抱え込む可能性もある。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 芋っち より:

    SNSの偏った情報?
    「◯◯速」とか?

  2. 匿名 より:

    読売も偏ってますがな

  3. かわちあまみゆうき より:

    インターネットで海外の隅々の情報までリアルタイムでわかるような時代なって久しい。マスゴミも読者から比較・批判の対象になっていずれは審判を受ける、いつまでも大衆を騙しとおすことはできないことにぐらい気づいていないのでしょうか。気づいているけど、高級寿司には勝てないのか。
    若い人は、今度はインターネットを乗っ取られないように、知識、技術を身につけてほしいです。

  4. 匿名 より:

    自国の衰退をマイノリティに押し付け、その排斥を訴える極右よりは、腐りはてた現状を維持する保守派の方がまだマシだったろう。
    ネオコンかネオナチ以外に選択肢がなければ、ネオナチだけは回避しなければならなかった。
    いったんはヒラリーにやらせて現状を維持し、その後にサンダース的な社会民主主義者を大統領にして真の革命をするべきだった。
    腐った既存の社会構造を右の立場からブチ壊せば何か良くなるというのは完全な幻想にすぎないことは歴史が証明している。
    右からの革命。右からの体制変革。それを見事に成し遂げたナチスや大日本帝国の軍国主義者は世界に何をもたらしたか。
    既存政治批判やエスタブリッシュメント批判をしていれば右でも左でもなんでもいいというのは愚かすぎる。
    白人至上主義者のトランプが大統領になってしまったことは、取り返しのつかない大惨事が引き起こされる。
    ヒスパニックや黒人や黄色人種や女性や障碍者や同性愛者の人権は、トランプの大統領就任と共に消え去る。
    また、最終的にはトランプを支持した白人たちも、富裕層を除けば切り捨てられるだろう。
    かつての日本やドイツがそうだったように。

  5. 匿名 より:

    マスコミが何を言ったとしても
    もっと言うならネットが何を言ってても
    現状に不満があれば変えようとするのは普通
    なぜサンダースを選べなかったのか

  6. 匿名 より:

    cia読売は自分がどれだけ独りよがりか自己分析したほうがいいんじゃないかな笑
    トランプ氏は選挙前からプーチン氏と協調関係にあるようだから、誰かさんが怯える極右とは違う気がする
    ナチスを心酔する日本政府の心配をしないで何言ってんだか…

  7. 匿名 より:

    ciaエージェント(読売新聞社主正力松太郎や岸信介など元a級戦犯も含む)により、戦後日本はアメリカに都合の良い体制が構築されたて今に至る

    それすら知らない無知な構ってちゃんが一人いると聞いて

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑