【痛快!】自民党が国会で北海道がんセンター名誉院長・西尾氏に罵倒される!「TPP、党としてウソをついて恥ずかしくないのか!」(動画17分)

公開日: : 政治経済 ,

mmktt

http://useful-info.com/dr-nishio-shows-idea-in-tpp-diet
書き起こし始め
***********************
かつて自民党は、「ウソはつかない!TPP断固反対!」って言ってました。稲田防衛大臣はかつて、「TPPのバスの終着駅は日本文明の墓場だ」という発言をしてるんですけれども、コロッと個人がウソをつくとかいうレベルではなくて、党としてウソをついてる、180度態度を変えちゃう。国民は一体誰に投票したらいいんですか?党の公約も破棄しちゃう。修正どころか180度変えちゃう。これはウソとしか言い様が無い。倫理的・道義的な問題はどうなっているんでしょう。恥ずかしくないんですかね!TPP断固反対と何年か前に言っていたのに。この様に息を吐くようにウソをつかれたら、やってられません!国民は。

「TPP恥ずかしくないのか!党としてウソをつく」西尾正道 参考人12/2参院・TPP特別委員会

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

西尾先生は自分も被ばくしながら放射線治療(儲けは少ないらしい)を何十年も続けてきたホンモノの医師だと僕は思ってます。動画内で自民党の大ウソだけでなく、がんや遺伝子組み換え食品についても言及していますので、ぜひ動画を見てみてください。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 匿名 より:

    そんなに福島県を食べて応援()したいのかよw
    最早海外産組み換え食物の方が安全だろ

  2. まる子 より:

    動画みました。
    西尾先生のお話に、背筋がゾッとしました。
    心底、怖くなりました。
    この国に住む人、これから生まれてくる小さい人も含めて
    命を守ろうとしない安倍政権。

    芸能人の麻薬やお隣の国の政情のハナシより
    こういう情報を、電波を使ってマスコミは出してほしい。
    毎日だって、いいくらいです。

    この国は、命よりお金の国になってる・・・。
    よくわかりました。動画、ありがとうございました。

  3. 匿名 より:

    党として嘘をついたら偽証罪とかないの、もしくは嘘税みたいにして堂々と国民が自民党から罰金取ればいいか。このままだと自由に嘘ついて騙す非民主党略して自民党か。

  4. 匿名 より:

    すばらしい動画を見せていただきました。
    西尾先生の話を全文書き起こして新聞に掲載してほしいね。
    今のマスゴミでは無理だと思うが。
    ネトウヨの諸君はアベ様に忠誠を誓っているから心に届かないと思うが、
    (アベ様が嘘をつくはずがない、安部様のみが正しい)と信じているからね。
    西尾先生の勇気に感謝いたします。

  5. 自公政権じゃ駄目だこりゃ! より:

    遺伝子組み換え食品の危険性は、「モンサントの不自然な食べ物」「世界が食べられなくなる日」と言ったDVDを御覧になれば御理解頂けるでしょう。

    EUは遺伝子組み換え作物の栽培・輸入を禁止しましたが、日本はパブコメの結果を無視して解禁しています。

    遺伝子組み換え作物の問題は、「消費者の健康が害される」事も勿論ですが、著作権により毎年遺伝子組み換え種子と農薬をセットで購入し続けなければ成らなくなり「その国の農業が一企業に支配されてしまう事」です。

    「世界が食べられなくなる日」などのDVDを御覧になる事をお勧めします。

    西尾氏の問題意識は、さらに広く多岐に亘り、お名前で検索するだけでも色々と出て来ますが、専門的な内容も有る為、TPP問題・先進国中で癌が増加している理由・発達障害などと農薬の問題などを知る手掛かりとして「岩上安身氏主催のIWJでのインタビュー」を是非御覧になる事をお勧め致します。

  6. 匿名 より:

    以前、西尾氏の講演を聞く機会があった。

    西尾氏は「放射線線元治療」?(この名称は正確ではないかもしれない)の第一人者で、前立腺ガンなどの病巣に弱い放射性物質を埋め込み、その被曝でガン細胞を壊していくという治療法を行なっているそうである。

    ご自身や看護師は被曝防止シェルターを隔てて手術にあたるが、手先はどうしようもなく、西尾氏の指から指紋が消えたそうである。

    なぜこんな療法を行なうかというと、患者への侵襲(危害を加える度合い)が一般の切除手術より小さい、つまり患者の危険や負担が少ないからだという。

    保険の点数が小さく、術者が被曝することもあって、この療法を行なう医師はもうほとんどいないそうである。

    そんな硬骨漢の西尾氏。
    福島の被曝の危険性についても厳しい警鐘を鳴らしていた。

    予防原則の観点に立ち、言うべきことを言い続ける西尾氏。

    勇気のある方である。
    未来の世代に責任を感じる日本人は、その意見に耳を傾け、指標とすべきである。

    素晴らしい記事をありがとうございます。

  7. yoshiaki inaba より:

    此のコーナーの皆さんは マイノリティな左翼思想の方が、多いのですね。自分の国の恵まれた環境に感謝すべき所、誹謗中傷は控えて頂きたいと思います。支那や
    朝鮮なら、喜んで受け入れてくれます。帰化されたら如何ですか?でも、絶対嫌でしょう。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑