【議員ファースト】国民の年金はカットする一方で「議員年金」復活か?議員ら「国民年金だけでは老後生活ができない」

公開日: : 政治経済

s_ice_screenshot_20160307-163332

https://news.nifty.com/article/domestic/society/12180-474977/
議員年金復活について、多くの地方議員が理由として挙げているのが、「老後が不安」というものだ。

「以前は議員には国民年金、厚生年金にプラス議員年金があった。しかし、いまは市町村議から国会議員までほとんど国民年金です。われわれは昔のような特権的な議員年金をつくれといっているわけではなく、せめて一般のサラリーマンや公務員並みの年金に加入できないと老後の生活ができない」(関東地方の県議)

 都道府県議の平均月給は約80万円、ボーナス(約3か月分)を加えると年収ざっと1200万円。それに地方議員には“第2の給料”とよばれる政務調査費が毎月数十万円、さらに議会に出席すると都議なら1日あたり1万円、市議でも数千円の日当(費用弁償)が支給される。報酬三重取りのおいしい仕事である。

 これだけもらって「老後が不安」とは、“いい加減にしろ”といいたくなる。だが、特権があるから議員になった者は、廃止されたら不正に走る。

 富山市議会では今年、議員報酬を月額60万円から70万円に引き上げたが、それでも政務調査費の不正が発覚して議員が大量に辞職した。元市議会議長は「議員年金廃止で老後の保障がなくなり、心配になった」と不正に手を染めた理由を語っていた。

 だが、国民年金で足りないと思うなら、自分の年金を増やす前に、まず国民年金しかない自営業者など年金弱者のことを考えるのが政治家の責務ではないのか。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

これ目の前で言われたら、暴力的な衝動が湧きおこってくること間違いないでしょうね。「キチ〇イ」「魑魅魍魎」「鬼」「悪魔」「人でなし」「ふぁっく〇ー」などなど、普段の僕の心にはない汚らわしい言葉が浮かんできてしまいます。

職業としての「政治家」であり「国民」のために政治家やってる人間なんてほとんどいないんでしょうね。政治屋ばかり。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 匿名 より:

    議員年金?何それ美味しいのか?

  2. 匿名 より:

    でめえいつも汚らわしい言葉しか使ってねえだろうがwwww

    俺なら目の前で言われたら言葉よりも先に拳や脚が先に動いちゃうかなwwwww

    • 健康オタクなMr.K より:

      嘘だぁ。僕は匿名じゃなくても恥ずかしくない、キレイめな言葉使ってると思いますよ。

    • 匿名 より:

      テメエこそ汚ねえ言葉使いやがって、何デカイ面してやがんだよ、このクソ馬鹿野郎めが!!
      とっとと消えやがれ、このう◯こ漏らし野郎!!
      テメエに相応しいのは保守速だのハム速だののネトウヨ系サイトだろうが、この安倍レベルの低脳野郎!!!

  3. 匿名 より:

    ツイにもありますように、国民年金が低すぎるのです。
    しかもこの少ない国民年金をさらに削減する法案が成立しました。
    このことをアホン国のビンボー人どもは知っているのでしょうか?
    くだらん「ひるおび!」だのなんだののワイドショーを見て、鮨友解説員に騙されているのではないでしょうか?
    アホン国、衆愚政治極まれり・・・の感。

  4. 匿名 より:

    語るに落ちた。「国民年金だけでは老後の生活ができない」と議員が言った。なら年金カット法なんか通すなや、アホボケカス。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑