”本当に”健康になるための情報をお届けします!

健康になるためのブログ

【アメ総理】安倍総理「武器購入で米国の雇用に貢献」「ドイツに米大統領の考え伝えたい」「日米FTAオッケー」

投稿日:

スナップショット 26 (2017-02-17 11-16)

スポンサーリンク

武器購入「米国の雇用にも貢献」 安倍首相が答弁

安倍晋三首相は15日午前の参院本会議で、トランプ米大統領が重視する米国内の雇用創出と日本の安全保障政策の関係をめぐり、「最先端技術を用いた米国の(防衛)装備品は我が国の防衛に不可欠だ。安全保障と経済は分けて考えるべきだが、結果として米国の経済や雇用にも貢献するものと考えている」と述べ、米国からの武器の購入を通じて米国の雇用創出に貢献する考えを示した。

以下ネットの反応。

安倍首相、来月ドイツ訪問 「米大統領の考え伝えたい」

安倍晋三首相は14日の衆院予算委員会で、来月ドイツを訪問する意向を表明した。メルケル独首相は中東・アフリカ7カ国の国民や難民の入国を一時禁止した米国のトランプ新政権に懸念を表明しているが、安倍首相は「トランプ大統領や新しい米政権に様々な不安を持っている国々にも大統領がどう考えているかを伝えつつ、また彼らの不安も(トランプ)大統領に伝えていきたい」と述べ、トランプ政権との橋渡し役を目指す考えを示した。

以下ネットの反応。

安倍首相、日米FTA否定せず「国益になるならいい」 

安倍晋三首相は14日の衆院予算委員会で、日米首脳会談を踏まえ、日米2国間の自由貿易協定(FTA)について「FTAを恐れているわけではない。国益になるならいい。ならないなら(交渉を)進めないのは明確だ」と述べた。国際社会にトランプ米大統領への批判が多いことに関連し「日本の立場、首相としてはトランプ氏と親密な関係をしっかりつくり世界に示すしか選択肢がない」と強調した。

 環太平洋連携協定(TPP)に比べ、FTAでは米国から厳しい要求を突き付けられる可能性が指摘されている。

以下ネットの反応。

「言葉がない」というコメントを書きたくなるような空前絶後のアメポチぶりです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

いつもシェア・拡散お疲れ様です<(_ _)>

-政治経済

Copyright© 健康になるためのブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.