【甘やかしてるのは誰?】毎日新聞「金田法相は国会答弁を避け、メディアに甘えている」「記者は国民の一部だ!」

公開日: : 政治経済

スナップショット 57 (2017-02-21 15-49)

答弁避ける法相、メディアへの甘え

共謀罪の趣旨を盛り込んだ「テロ等準備罪」の国会審議に関して、金田勝年法相が指示して記者クラブに文書を配布した問題への批判が収まらない。法相は文書を1日で撤回したが、「法案の国会提出後に議論を重ねるべきだ」という文書の内容について、識者から「国民に積極的に説明すべき立場の大臣が議論を避けようとしている」と厳しい指摘が出ている。役所とクラブのあり方も問われそうだ。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

「記者が国民の一部であることを忘れている」

記者が国民の一部ねぇ。言葉的に間違いじゃないんだろうけど、実感はないなぁ。庶民の一部ではない感じだもんね。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 匿名 より:

    新聞とテレビはアベ政権の仲間であり共犯者ということか。

  2. 匿名 より:

    共倒れしたがってるみたいに見える
    隠し事されては国民には先が見えない

  3. 匿名 より:

    国民が黙って見てたらこの先もおとぼけ専制政治だよね。もしくは日本会議専制政治。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑