About

【痛快】報ステ出演・井上達夫東大大学院教授の解説が快刀乱麻で拍手喝采!トランプ、安倍、今村、稲田、金田をバッサバッサと斬り捨てる!

公開日: : 政治経済, 社会問題 ,


スポンサーリンク

以下ネットの反応。

論理的かつ、歯に衣着せぬもの言いで、ルックスもイケテル!月曜日の木村氏で、火曜日は井上さんで決定!

 

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 匿名 より:

    素晴らしい!!!!!!!!
    しかし安倍ジョンイルが寿司友社長に電話してるだろう・・・・
    だが、それに負けずに再登場となれば拍手喝采!
    テレ朝の正当性が問われる!!!!

  2. 匿名 より:

    後藤からこれから井上達夫が平日のコメンテーターになってほしい。
    井上達夫は左翼思想だが骨太な考え方で嘘はつかないし自称保守と比べて裏切りや手の平返しもしない。人間として信用できる。
    自称保守やサヨクよりも右翼でも左翼でも人間的に信用できる人がいいよ。

    自称保守の手の平返しや裏切りをする集団の連中の卑怯さには軽蔑する。

  3. 匿名 より:

    は〜い。観てました♪
    もう、まったく空気なんか読まず、バッサバッサ切りまくってくれて、めちゃ痛快でした。
    解説員はこうでなくちゃ♥
    近来稀に見るバッサリぶりに惚れた!
    1回限りだったら、テレ朝に剃刀おくっちゃうゾ。
    (いや、ジョーダンですよ)

  4. 匿名 より:

    テレ朝、新たな名コメンテーターを発掘したね!
    情熱が溢れ出して早口になってて、一部聞き取れないところがあったのと、単語にどういう字を当てはめるのか分からない部分もあったけど、久しぶりに胸の空く、納得いく解説だった。
    こういう人をどんどん出せば視聴率上がるのにさ。

    後藤謙次も最近はまともな解説するようになったので、「ワイドスクランブル」に移動したらいいよ。
    昼間のコメンテーターがひどい。(末信ナンタラとかさ・・・)

    繰り返して言うけど、この枠、羽鳥ー橋下になったらもう見ないからな。
    早河洋は退任しろ!!(アベと共に去りぬ www)

  5. 匿名 より:

     このひとの論理は、信頼、信用できる。
    大抵のまともな人は、こういうまともな人の意見を瞬間で察知・共感する物だ。一貫性がある。
     責任をもって、極めて妥当な論理と高度な学問の論理の一致を平易な言葉で語れる教師。
     井上達夫。東大大学院教授。この名前は覚えておく。こういう教師の話を拝聴すれば、まともな人文科学学問は廃れてはいなかったと信じられる。

     周囲に迫る危険には注意されたし、TPP反対の大指導者と目されていた、宇沢弘文師の例もあるので…
    ●売国奴詭弁文学とは、異なる、まともな世界の真理の僕(しもべ)たる印象深し。
     まともな主張と価値観共有が、共謀罪でブラック政府に、・駆逐されようという、とんでもない時代だ。

  6. 匿名 より:

    久しぶりにテレビで胸のすく思いがした。庶民の意見をまっすぐ代弁してくれている。こういうコメンテーターがレギュラーで欲しい!

  7. umauma より:

    報道ステーションの意見・感想投稿欄はコチラ。http://www.tv-asahi.co.jp/hst/opinion/form.html

    素晴らしいと思ったら是非その旨を直接TV朝日へ。勿論橋○徹は絶対にイヤという意見も直接TV朝日へ。
    マスコミを非難するのは簡単ですが、ボク等の声がマスコミを支えるのも事実です。
    マスコミを良くするも悪くするも結局はボク等次第です。

  8. 匿名 より:

    正義の価値観で国際情勢をよみとくことはできない。情勢の読み解きが甘く、その上でいくら痛快に政策を切ってもそれは法学者の空論にすぎない。こういうのを、歓迎してしまう世論も危うい。

    • 匿名 より:

      それって国際情勢を見て「バスに乗り遅れるな!」に従って、戦争犠牲者を増やして憎しみを増長させてテロリストを増やす。
      正義の価値観は人間性がある価値観だ。あなたは集団に加わって、1人の他人に背責任を押し付けて裏切ったり卑怯なことをして現実を生きてきたけど、その報いは当然ある。
      戦争したい国際情勢なんか否定する!

    • 匿名 より:

      >正義の価値観で国際情勢をよみとくことはできない。

      間違いだから正しておく。
      「正義の価値観”だけ”で国際情勢をよみとくことはできない。」

      正義の価値観を排除して国際情勢を読み解くなんてできるわけがない。
      化学兵器の使用が「正義の価値観」で悪だから、それをアメリカはミサイル攻撃の理由付けにしたんだしね。
      他にも、「正義の価値観」でリビア空爆(石油利権が本音だろうけど)とかイラク戦争とかの例もあるよ。
      「正義の価値観」は軍事行動(戦争)の大義名分として必要なものだよ。良くも悪くもね。

      >こういうのを、歓迎してしまう世論も危うい。

      何故危ういのか何も説明していない。
      というか説明できないでしょ、あなた。
      正に上から目線だね。
      世論を形成する民衆は馬鹿だと、見下している証拠。

  9. 匿名 より:

    安倍政権があまりに稚拙だから、大したこと言わなくても評論家として一定の役割を果たせてしまう現状があるならそれは反知性主義に通じると思う
    そういった意味では早く安倍政権は消えてもらいたい

  10. 匿名 より:

    やるやん、達じい!

  11. 匿名 より:

    最近フニャフニャしててつまらんので見てなかったー残念
    何でなんだろ自分が見ない時ほど良さげなコメンテーターで悔しい

    • 匿名 より:

      コメンテーター、金曜日は後藤謙次ではない。
      金曜日を見るべし。
      (最近後藤は鮨友脱却か?
      迫力ないながら、結構まともなコメントするようになった。不思議

  12. 自公政権じゃ駄目だこりゃ! より:

    「シリア政府」が攻撃するのは、「反政府勢力のISILやヌスラ戦線」などの「テロ組織」であり、その相手に対して仮にサリンなどを使用してシリア政府軍が攻撃したとして、「対テロ戦争」を掲げている米国が国際社会などでの合意も求めず、「米国などと同じく対テロ戦争」を実行している側を具体的な証拠などを示す事もせず、「シリアを攻撃」するなら「テロ組織を支援する行為」だと看做されておかしく有りません。

    実際に、「ISILなど」は親ロシアのシリア政権を崩壊させる為に、「イスラエル・米国・英国が作り上げた組織」だと散々言われており、トヨタの真新しいピックアップトラックが利用されている事を調査した結果、米国が関与していた事が明らかになっています。

    今回のミサイル攻撃は、トランプが当初予算削減を唱えたのとは逆に、米国軍産複合体制の復活を意味するのかもしれません。

    サリンの存在も、イラクの大量殺戮兵器同様にまともな検証などされる事も無く、とうしょのシリア政府転覆により中東からのロシア締め出し作戦が継続され、米国による国富・資源の搾取先が更に増大するのかと思うと暗澹たる思いですし、それに真っ先に賛意を示す総理が国内でのテロの危険性を増大させ、防ぐ事が困難な「アラブ諸国からの憎悪」を向けられる事すら理解出来ていない様なのが恐ろしい限りです。

    • 匿名 より:

      どっかの外紙での記事。
      シリア国民へのインタビュー。
      全員、アメリカへの激しい憎悪を語っていた。
      我が国随一のアホが真っ先にアメリカへの賛意を示したから、われわれもシリア国民にものすごく憎まれるはず。
      テロの対象となってもおかしくない。

  13. 匿名 より:

    今、報ステにメールしました。
    「報ステ ご意見」
    と入れて検索するとすぐ送り先がわかります。

    ・ 井上教授が素晴らしかったこと / このエントリーのアドレスも入れておいた w

    ・ 視聴率低迷はトミーのせいではなく、番組作りが駄目だから

    ・ 後藤謙次がまともになってきたので、とりあえずまた報ステをつけておくようになった

    ・ 羽鳥ー橋下徹の番組なんて、やめてくれ! 差別主義者と提灯持ちのニュース番組なんて、絶対見ない

    ・ 社長の早河洋は安倍政権と親密で、報道機関のトップに相応しくないから辞めろ!

    ・ 今、まさに民主主義国家と独裁国家との分水嶺。気を引き締めて真実追求と国民への広報を

    ・ジャーナリズムの本分は、権力の監視である。自分たちの使命を忘れるな!

    なんたらと書いて(↑ もう少し抑えた文章です w )送信しました。
    視聴者からの声はなかなか影響大きいそうなので、ぜひ皆さまも実行を。
    よろ〜〜!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑