【忖度新聞】毎日新聞が第2の森友・加計学園問題を報じない理由。森友問題では朝日と共に積極的だったのに

公開日: : 政治経済, 社会問題

第二の森友問題で毎日新聞が「忖度報道」―― 加計学園との抜き差しならない関係(選択出版)

「安倍晋三首相の関与具合は森友学園よりも濃厚」(全国紙政治部記者)といわれる加計学園問題について、毎日新聞のペンが振るわない。毎日は「加計と抜き差しならない関係がある」(同社関係者)のが原因だ。

森友問題では朝日と同様に積極的に報じた同紙が、加計学園については「国会質問を記事にする程度」(同紙政治部記者)でお茶を濁している。社長など上層部から「小さく扱え」などの明確な指示はなかったといわれるが、様々な「忖度」が働いているのかもしれない。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

加計学園 誘致の愛媛・今治市が説明会「森友とは違う」
政府の国家戦略特区制度を活用し、学校法人加計学園(岡山市)が愛媛県今治市に来春開学する岡山理科大獣医学部について今治市は11日夜、市民向けの説明会を開いた。菅良二市長は歴代市長が取り組んできた大学誘致の流れに触れ、「森友学園騒動の余波を受けたが『我々は全く違うんですよ』という思いだ」と強調した。

「森友とは違う」という市長の言葉を記事タイトルに、動画まで作って紹介してました。そして、市民から出た疑問・怒りの声はまったく紹介せず。

これは「毎日新聞」の報道姿勢が疑われても仕方がないのではないでしょうか。いい加減にしろ!

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 匿名 より:

    イェーィ!!

    ソンタクしてたのは、サンケイだけではなかった!
    毎日、終わってら…
    (前に潰れたことあったし)

  2. 匿名 より:

    李下に冠を正さず……

    無理か……

  3. 匿名 より:

    超時空総理ABE?
    40年も前から進んでたプロジェクトを、どうやって安部総理は忖度したのよ?

    • 匿名 より:

      はあ?

      安部総理って誰?
      忖度の意味、わかってたら、そういう使い方はせえへんで w

  4. 匿名 より:

    自覚も覚悟も欠落してるのに関与してたら辞任とか言う嘘つき総理は時空の彼方へ飛んでいけば良い。あとネトウヨも

  5. 匿名 より:

    忖度は社会人であれば
    どの世界でもある。

    • 匿名 より:

      その忖度で
      「国民の血税が勝手に使われてる」から問題になってるっての

      論点を逸らすなよ

    • 匿名 より:

      >忖度は社会人であれば
      >どの世界でもある。

      それは国や制度や社会人が腐敗したということ。
      法律に違反しなけば何をやってもいいはその国の腐敗している。
      忖度なんて公権力を持つ政治家や公務員の心をおしはかることをやり続けたら、行政と国会のチェック機能は崩壊して機能不全だ。

  6. エヒメみきゃん65 より:

    毎日新聞を取るのやめます。
    「健康になるためのブログ」を読んだ方が役に立ちます。毎日の愛媛版では全くこのニュースは取り上げられていません。
    毎日愛媛版は身近な話題だけの生活お役立ちニュース。ジャーナリズムからは程遠い。
    高校の新聞部の方がもう少し深い話題をとりあげれるだろうね。

    • 健康オタクなMr.K より:

      >毎日新聞を取るのやめます。
      「健康になるためのブログ」を読んだ方が役に立ちます。

      卓見。

    • 匿名 より:

      新聞よりブログのほうが事実を報じていますからね。
      新聞記者とその役員はペンを捨てて、未だに箸を持ち続けている安倍の飯友ばかりですから、新聞とテレビによる報道の使命はご臨終でしょう。
      これからはブログやネットが報道の使命を支えるのでしょうね。

      ただし、嘘のニュース(フェイクニュース)にはご注意を!

  7. 匿名 より:

    ここのブログにあるのは
    真実の反安倍政権の率直な国民の意見。
    反安倍の国民の意見は
    ゴミ意見ばかりなのが真実と
    証明された。

  8. 匿名 より:

    ゴミ意見ていつものネトウヨの米だよ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑