「セロトニンとうつ病は関係ない?」かも知れない研究結果が発表される。過去10年分のデータを解析


精神疾患には科学的根拠がない(モノアミン仮説の嘘)

セロトニンとうつ病の関係を大きく見直すこととなる研究結果が発表される

科学者たちはこれまで長年にわたって、ストレスにさらされた人の脳内で「セロトニン」に関連する遺伝子がうつ病にどのような影響を及ぼすのかを研究してきました。「選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)」と呼ばれる抗うつ薬が臨床的にうつ病患者の症状をかなりの割合で和らげることからも、多くの科学者たちが「セロトニンに影響を及ぼす遺伝子の違いがうつ病の発症リスクと関連している可能性が高い」と考えていました。実際、「2003年に公開された著名な研究論文」では、遺伝子変異を持つ個体は生活上のストレスにさらされた時にうつ病を発症する可能性がより高い、と記しています。

この2003年の研究以降の十数年の間に多くの科学者たちがセロトニン・遺伝子・ストレスについての研究を行ってきたことから、ワシントン大学医学部の研究者たちは過去10年分あまりの調査データをメタアナリシスしたところ、セロトニン遺伝子・うつ病・ストレスという3つの要素の間に明確な関連性は見つけられなかったそうです。

「研究結果が間違っているかもしれない」ということはよくあることで、実際、オープンアクセスの科学雑誌PLOS ONE上で近年公開された研究の半分は再現可能もしくは実証したり時間をかけて証明されたりしたものではないとのこと。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

「セロトニンが不足しているからうつになる」という(仮)説は、かなりの人が揺るぎようのない真実として捉えていると思います。テレビとかでは胡散臭い専門家が、「セロトニンを増やすために運動しよう、何々を食べよう」とか当たり前のように言ってますからね。

ということで、この研究結果はけっこう衝撃を受ける人も多いのではないでしょうか。知ってる人は知ってることですが、精神疾患(病気)の原因なんてほとんどわかってませんからね。「精神疾患100の仮説」なんて書籍もあるんですよ。

西洋医学(科学)を盲信している人には、医学に関する認識を見直すきっかけになる記事だと思います。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 匿名 より:

    してみると、スリランカの悪魔祓いも有効ってことですな。

  2. 匿名 より:

    >セロトニン再取り込み阻害薬

    良くはわから何けれど、セロトニンが出されるのはストレスのせいでセロトニンが鬱を作り出しているのではないとのことなのでは?

    セロトニンを阻害するよりストレスを無くせと言う方向なのでは?

  3. 匿名 より:

    逆かセロトニンが多く作用した方が鬱を治せると見られていたが、そうでもないのか?

  4. 匿名 より:

    「違うかも知れない。」という言葉を
    「違うに間違いない。」という言葉に脳変換しがちだよね。

  5. 匿名 より:

    神経伝達物質であるセロトニンが少ないと鬱になるんでしょ?
    で、運動したり、規則正しい生活をしたり、食生活を見直したりするとセロトニンがたくさん出るようになると…
    言われてましたけど。

    スリランカの悪魔祓いも、夜通し非日常な音楽と悪魔祓い師の儀礼や踊り、親類や近隣の人々の励ましで「悪魔」を「追い出す」… 患者の心身に大きな転換を招くのでしょう。
    鰯の頭も信心から、みたいだけど、あながち的外れでもないのかも。

  6. 匿名 より:

    卵が先か鶏が先か。
    転ぶと痛いのはなぜか。
    会った事も無い安倍を
    親の仇のように憎むのは
    なぜか?

    • 匿名 より:

      会ったこともなく、会いたくもない安倍の醜い面を毎日見せつけられ、安倍に税金年金使い込まれ、安倍の教育方針に従って学校教育が行われ安倍に都合の良い思想を刷り込まれ、安倍のために命を落とすのが国民の義務として強要される一歩手前まで来ている。

      ネトウヨはそもそも未来に絶望してるから、心配も悩みも怒りもなくていいよねーー!

  7. y-iki より:

    病の9割は精神ストレスから、、、は真実らしいです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑