”本当に”健康になるための情報をお届けします!

健康になるためのブログ

【ネトウヨ】ヤフーのコメントに生息する嫌韓・嫌中ウヨを分析!1%の人たちが全体のコメントの20%を占める

投稿日:2017/04/28/ 09:59 更新日:

コメント欄にはびこる嫌韓・嫌中 ヤフー・ニュース分析

ネット上で配信されるニュースに対するコメントについて、立教大の木村忠正教授(ネットワーク社会論)とニュースサイトのヤフー・ニュースが共同で分析した。韓国や中国の人たちに対する「排斥意識」の強い言説が浮かび上がる。

日本では10年ほど前から嫌韓や嫌中関連本の出版が相次ぎ、書店にコーナーができることもあった。差別的言説への批判や意識が高まり、15年ごろには下火となった。一方、ネット空間で排他的な言葉が飛び交っていることについて木村教授は「匿名で誹謗(ひぼう)中傷や極端な主張をしやすいため」とみる。

 ヤフーは健全な言論空間づくりを目指して常時コメントを監視し、過度に悪質な投稿を削除したり、表示順位を下げたりする工夫を重ねているが、過激な内容を完全に排除することはできない。

 今回の分析では1週間で100回以上コメントを投稿した人が全体の1%いた。この1%の人たちの投稿で全体のコメントの20%が形成されていた。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

ネトウヨも徐々に下火になってますが、ヤフーのさらなる自浄作用に期待したいところです。

「1%の人たちが全体のコメントの20%を占める」

日本会議もネトウヨもそうですが、運動にかける情熱・時間・努力量は凄まじいものがあります。左翼・リベラル陣営はここで負けてしまってます。

テレビも新聞も酷い状況ですし、リアルで政治活動をするのも言うほど簡単ではないでしょう。ネットの状況(空気)を変えるのが、残された効果的な手段だと思うのですが・・

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

いつもシェア・拡散お疲れ様です<(_ _)>

-社会問題
-,

Copyright© 健康になるためのブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.