”本当に”健康になるための情報をお届けします!

健康になるためのブログ🐾

【詳報】安倍内閣支持率、自(7割⇒8割)公(2割⇒5割)支持層が戻るも無党派(2割以下)層は離れたまま。不支持の理由は「安倍総理」が増大中(毎日・読売)

投稿日:2017/08/05/ 11:10 更新日:

毎日新聞世論調査 無党派層離れたまま 自公支持層は戻る

今回の緊急全国世論調査で内閣支持率が35%に上昇したのは、7月の前回調査と比べて、自民支持層と公明支持層が内閣を支持する割合が高まったためだ。しかし、無党派層は不支持61%、支持17%。内閣支持率がさらに上向くかどうかは、無党派層の動向がカギを握っている。

 6月調査の内閣支持率急落は、無党派層の離反が主な要因だった。そのうえ与党支持層が離れ、7月の前回調査では支持率は26%まで落ち込んだ。今回、自民支持層の内閣支持率は前回から13ポイント増の82%に回復。公明支持層の内閣支持率も前回の2割台から今回は5割に戻った。

 内閣改造と自民党役員人事で内閣支持率は上向いたが、安倍晋三首相に対する評価は逆に厳しくなっている。不支持47%のうち、「安倍さんが首相だから」という理由は前回の22%から33%に増加した。

 首相は自民党総裁として現在2期目で、来年9月に任期が切れる。緊急調査で後任の総裁について聞いたところ、「石破茂元幹事長がふさわしい」が21%で、「安倍首相のままでよい」の20%と並んだ。11%は自民党の岸田文雄政調会長を挙げ、この3人以外にふさわしい人がいると考える人も15%いた。「安倍1強」はデータ上も揺らいでいる。

「首相信頼できぬ」54%…不支持理由で最多

読売新聞社の緊急全国世論調査で、安倍内閣の支持率は42%に上昇し、6月以降の下落傾向に歯止めがかかった。

しかし、支持率は第2次安倍内閣発足以降で3番目に低く、不支持の理由で「首相が信頼できない」は第2次内閣以降で最高の54%に上った。全体の45%を占める無党派層からの支持も2割未満と依然低迷している。

年代別では、前回調査で支持と不支持が各4割強で並んでいた18~29歳で、支持が6割弱となり、不支持の3割弱を大きく上回った。40歳代は支持47%と不支持44%がほぼ並んだ。30歳代と50歳代以上では、不支持が支持を上回った。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

詳報見ると面白いですよね。公明党支持者の安倍政権支持率が7月は2割だったというのは驚きです。それでも、選挙になればしっかり動くんでしょうけど(苦笑)

やはり支持率が動くのにはわかりやすい理由がありますね。今回の回復は稲田氏の有無の部分でしょう。不支持理由は人それぞれですから。

そして、注目すべきは「安倍総理への不信感」は増しているということですね。これで閣僚が射ち落されたり、森友・加計が爆発すれば支持率は再び下降していくでしょう。来週の動きに注目です(文春・新潮の)。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

いつもシェア・拡散お疲れ様です<(_ _)>

-政治経済
-

Copyright© 健康になるためのブログ🐾 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.