【衝撃走る!】自民・高村副総裁(75)が引退へ!「体力の限界」

公開日: : 政治経済 ,

自民 高村副総裁 衆院選に立候補しない意向自民党の高村副総裁は、25日夕方、総理大臣官邸で、安倍総理大臣と会談し、体力の限界だとして、来月行われる見通しの衆議院選挙に立候補しない意向を伝えました。

第2次安倍政権の発足以降、一貫して党の副総裁を務め、集団的自衛権の行使を可能にすることなどを盛り込んだ安全保障関連法や、天皇陛下の退位に向けた特例法の策定に中心的な役割を果たすなど、安倍総理大臣の政権運営を支えてきました。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

75歳ですし引退は当たり前かも知れませんが、それでも、これだけ最前線でやってる重鎮が引退するのは、けっこうショッキングですね。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 匿名 より:

    御苦労さまでした。
    政治の世界は厳しいですね、用済破棄。
    共謀罪の成立、あなたの、お手柄ですよ。
    特定秘密保護法の成立も、あなたの、お手柄ですよ。
    安保戦争法案の成立も、あなたの、お手柄ですよ。
    いつまでも、日本国民の記憶に残り、国定教科書にもあなたの功績が掲載される、など大勲位も約束されているくらいの、功績です。
    本当に、御苦労さまでした。あとは、心安らかにお過ごしください。

    • 匿名 より:

      全く,そのとおり

      この人の兄は立派な学者だったが,
      藤原正彦という似非学者にいじめられて
      悲惨な晩年を過ごした.

      兄貴のツメの垢でも煎じて飲めばいいのに.

  2. 匿名 より:

    今度は息子が出るのか?

  3. 匿名 より:

    惜しまれる人は引き際が分かってるので自ら引退していく
    老害はいつまでもしがみつく
    どの業界でも同じだなあ

  4. 匿名 より:

    いくら惜しまれても,安保法制のときには,
    憲法解釈をねじまげてしまった「法律家」という
    汚点は拭い去れない(砂川判決を
    あれだけねじ曲げて集団自衛権を
    認めた恥知らず).

    その意味では安倍の犠牲者だ.

    • 匿名 より:

      惜しむ人などいないだろう。
      一生懸命に、フォローしたんだけれど、もう、使い道が無くなったんだろうな。
      法律家の名に値しない汚点を背負って、生きてゆくんだろうな。
      お気の毒。

  5. 匿名 より:

    晩節を汚した

  6. 匿名 より:

    あと少し経てば「こーむら」なんて読んでももらえない
    「たかむら」誰?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑