【ネットで人気】「立憲民主党(枝野新党)」のツイッターフォロワー数が半日で「民進党」の2倍の47000人!希望の党は1500人ww

公開日: : 政治経済 , ,


スポンサーリンク


以下ネットの反応。

希望の党との差は、ネット世論がいかに少数派かを感じさせられ、逆に絶望感を感じますが、民進党との差は希望が持てますね。

この立憲民主党への応援が、各候補の実際の選挙現場の協力へと(ポスター貼りとか)つながって行けば、今後の選挙も含めて楽しみになってきます。

共産・公明は組織的に現場応援力が強く、太郎さん・みずほ氏などはボランティアが殺到するらしいです。そして、弱い候補はいつも電話かけ、シール貼りなどを選挙期間中も募集しており(ツイッターとかでよく見る)、人手不足で負けてます。

こんな感じです。

【追伸】

ま、でもネットで爆発的に盛り上がる⇒ニュースが取り上げる⇒世論が動く、という形はよくあるので、リアルも頑張る、ネットも頑張る、できることは何でもする、が正解なのかも。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 匿名 より:

    あー、すでに50000越え!
    これがどこまで伸びるか、見物だねぇ。

    ネット世論が少数派だとしても、ネットの入り口にフィルタがあるわけじゃないから、ネットで話題になれば少なくとも、ネットに繋ぐフワフワ層を取り込む事ができるんじゃないかな?
    そしてネットフワフワ層からリアルフワフワ層へと、拡散を狙おう!

  2. 匿名 より:

    希望の党側にネトサポは動かさないのか。ネットで声が大きい人がリアルで選挙に参加するとか候補者の手伝いするわけではないからね。共産党なんて年寄りが多いから皆人海戦術。ネットで他党の悪口言ってる暇無い。

  3. 愛国者 より:

    ネトサポは自民党だし希望を支持してるのはふんわり層
    都知事選は圧勝したからこのふんわり層の勢いは侮れない

  4. 匿名 より:

    でもネットとリアルではかなりの隔たりがあるぞ。
    ついでに、このフォロワー全員が仮に日本在住の有権者だとしても全国で47000票にしかならんということだ。
    何も考えとらん新聞テレビに流されまくるジジババと何も知らんと雇用が増えたことを真に受ける未成年どもと何も知ろうとしない無関心現役世代を相手にするには正直まだ×100力不足過ぎる。

  5. 匿名 より:

    罵詈雑言書き込むためだけに張り付くネトウヨの気配が無いんだから、希望の党とやらのお里が知れる。

    • 匿名 より:

      そういえば、ネトウヨさんたち、静かですね。
      上層部の企みを邪魔しないようにしているんだ。
      もっと、頑張ってほしいね。ネトウヨさん。

  6. 匿名 より:

    えだのんは現代のイエス・キリスト。
    この一連の流れを本にして世界中で翻訳すれば、100年後には聖書になるのだと確信している。

  7. 10/3えだのん演説(芦倍信三氏書き起し) より:

    http://satlaws.web.fc2.com/edano1003.html
    より一部抜粋
     右か左かなんていうイデオロギーの時代じゃないんです。上からか、草の根からか。これが21世紀の本当の対立軸なんです。リベラル新党よくできたと期待を頂いているんです。保守とリベラルがなんで対立するんですか。保守とリベラルは対立概念ではありません。
     だいたい今の自民党が保守なんですか。一億総中流といわれて、世界一治安がいいと言われて、お隣近所、地域社会、お互い様に支え合っていた日本社会を、壊してきたのは誰ですか。日本社会のよき伝統を壊している保守なんかあるはずがありません。

    結党会見詳報
    ttps://mainichi.jp/senkyo/articles/20171002/mog/00m/010/001000c

    • 匿名 より:

      お隣近所、地域社会、お互い様に支え合っていた日本社会っていうけど
      お互い監視し合い、異端者が出ないよう疑いの目を向けて来た日本社会ってのが現実で
      それがとても面倒くさかったから
      近所付き合いが廃れていったのよね。

      枝野は都会育ちだから知らんのか?

  8. 匿名 より:

    在日鮮人の生活が一番!!

    枝野在日党をよろしく!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑