”本当に”健康になるための情報をお届けします!

健康になるためのブログ

【10・22総選挙】中盤情勢でも自民が圧倒!安倍1強政治継続!自民280公明35維新15希望55立民40共産20

投稿日:2017/10/15/ 10:06 更新日:

与党300超うかがう=希望伸び悩み、立憲躍進-共産後退も【17衆院選】

衆院選の投開票を22日に控え、時事通信は全国の支社・総支局の取材を基に、世論調査の結果や過去の得票実績を加味して情勢を探った。新定数465議席のうち、公示前に290議席の自民党は280議席近くを視野に入れ、公明党を加えた与党で300議席超をうかがう勢い。希望の党は本拠地の東京でも伸び悩み、公示前勢力(57議席)を確保する程度にとどまる見通しだ。立憲民主党は公示前の15議席から40議席程度まで伸ばす可能性がある。

自民党は北陸、中国、九州を中心に全国的に堅調で、青森や群馬でも議席独占が有望。150超の選挙区で当選圏に入った。約100選挙区で希望や立憲などと接戦を展開し、うち55選挙区でやや優勢。野党の2極化で、政権批判票が分散したことにも助けられている。比例代表も前回(68議席)に迫る勢いで、「自民1強」の構図は変わらない見通しだ。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

中盤情勢でも自民の堅調さは揺るがず、希望の失速が鮮明になってきました。

小池氏が登場して一人で引っ掻き回した結果がこれです。本来ならば小池氏は今すぐ責任を取らなければなりません。

前原氏の行いは非難されるべき点ばかりですが、もう小池氏が登場した段階で既存の野党は相当厳しかったですね。

だから、民進議員も自由党議員も希望の党に合流することにある程度前向きだったんですよね。

毎日は自民単独で300議席。ひぃぃっ~~

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

いつもシェア・拡散お疲れ様です<(_ _)>

-政治経済
-

Copyright© 健康になるためのブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.