【カオス】渡辺周氏が希望の党の代表選に意欲!玉木・大串・泉氏に続き4人目の候補者として

公開日: : 政治経済

希望 渡辺周氏 共同代表選に立候補したい

希望の党の渡辺周元防衛副大臣は5日朝、東京都内で記者団に対し、今週10日に行う党の国会議員の共同代表を選ぶ選挙に立候補したいという考えを示しました。

この中で希望の党の渡辺周元防衛副大臣は、今月8日告示、10日投開票の日程で行われる党の国会議員の共同代表を選ぶ選挙について「意欲はあるので推薦人になっていただける方がどれくらいいるか声をかけたい。自民党の補完勢力ではない、もう一つの選択肢を作るに当たり、いろいろな経験を役立てたい」と述べ、立候補したいという考えを示しました。

そのうえで憲法改正への対応について「地方分権や国民の知る権利といった党の選挙公約に明記したことは議論するが、憲法9条は最優先で急ぐべき課題ではなく、国論を二分するようなことは今はやる時期ではない」と述べました。

党の共同代表を選ぶ選挙には、これまでに玉木雄一郎衆議院議員が立候補したいという考えを示し、泉健太衆議院議員と大串博志衆議院議員も意欲を示しています。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

希望の党の代表選の候補者が一人増えました。

希望の党のメンバー見ても、全然「排除」しきれてないことは明白ですが、ここまでぐちゃぐちゃに割れるもんなんですかね。

今までの民進党よりもさらに混乱しそうな予感。

希望の党の勢力図書ける人いませんか?

【おまけ】

最後の方は意味不明になってしまった若狭さんも、自民党で村上氏と二人だけ、安保法の採決棄権した人だったんですよね。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 匿名 より:

    どうでも良いんじゃないですか。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑