【プロ参加者】NUMO(所管・経産省)の「核のごみ」処分場説明会にサクラ!1万円の謝礼金で学生を動員!

公開日: : 原発・放射能

「核のごみ」の説明会、謝礼を前提に参加者集める
NUMO=原子力発電環境整備機構は、14日夜会見し、「核のごみ」に関する説明会で、謝礼を前提に学生に参加を促していたことを明らかにしました。NUMOが委託した会社が、全国の5つの会場で39人の学生に対し、参加すれば1人最大1万円分の謝礼などを支払うと約束したということです。質問や発言の依頼はしておらず、謝礼は実際には支払われませんでしたが、NUMOは「公平性について不信感を招きかねない」と謝罪しています。


スポンサーリンク


以下ネットの反応。

もともと信頼ゼロ~マイナスの原子力行政ですが、さらにその信頼を損ねる事案です。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 匿名 より:

    で、実際に誰が貰ったの?

  2. 匿名 より:

    純真無垢な若者らしい素直な発言が発端というのがイイネ!

    でも、その純真無垢を卑怯な大人たちが悪用しようとしてくるから気を付けな、と同時に思う。
    参加したってことは『利用された』ってことだ。核のゴミを軽々しく考えて参加すると痛い目見るのは自分だけじゃなくて、自分の周りもだ。その責任はすべて己が身に降りかかることをちゃんと知っておかなければならん。知りませんでした、では済まされないからな。

  3. 匿名 より:

    マーケティング会社「オーシャナイズ」って、企業名出してるの朝日新聞だけなのか?
    ふむ…

  4. 匿名 より:

    別にこれだけじゃないだろう。
    何とか審議会とか、有識者会議とか、お国のやることは、全て、既定の結論を導き出すだけに、イエスマンを駆集めただけ。いかにも、多方面、専門分野から意見を聴取した、と、体裁を整える、それだけが目的になっている。
    行政機関は、委員会、専門家、有識者のご意見を尊重して結論を出します。
    これで、責任回避のループが繋がり、無責任体制が完整します。
    無責任でよろしいから、心おきなく、利権に群がることが出来ます。
    なんと、素晴らしい国、日本よ。
    なんと、おぞましい国、日本よ。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑