【新説】民進・篠原孝議員「国民は民進党を望んでいる。立憲が勝ったのは民進党の代わりなだけ。枝野は調子に乗っている、小池・前原化している」

【新説】民進・篠原孝議員「国民は民進党を望んでいる。立憲が勝ったのは民進党の代わりなだけ。枝野は調子に乗っている、小池・前原化している」

公開日: : 政治経済 ,

【民進党再生・野党統合シリーズ2】 野党統合に向けた第一歩は野党統一会派から始まる -立憲民主党も希望の党も心を広くして大同団結すべし- 17.12.27
第二に、国民がリベラル政党の消滅を恐れたのである。今まで支持してきた民進党が候補者を立てず消えてしまった。希望の党がその代わりかと思ったら、あにはからんや自民党の補完勢力でしかないことに大半の国民は気付いてしまった。そこで民進党に近い党を探したところ、立憲民主党ということになっただけの話だ。つまり、民進党の後継党と思われたからである。

【民進党再生・野党統合シリーズ3】 立憲民主党にも野党統一会派結成・統合を呼びかける責任がある -国民は右でも左でもなく民進党的な中道を望んでいる- 17.12.28
前号で指摘したとおり、立憲民主党の高得票は、政策・理念に共感したというよりも、むしろ、判官贔屓と民進党の代替が重きを占めていたのである。

12月26日3日目の全国幹事会と両院議員総会の合同会議という丁寧なプロセスを踏み、立憲民主党と希望の党の双方に正式に統一会派を申し出たが、にべもない返事しか返ってこなかった。他党を寄せ付けない姿勢は、2ヶ月前の小池の排除とダブってくる。明らかに自己矛盾に陥っているのである。

調子に乗る立憲民主党が野党統一会派を拒み続けている姿を見た国民が、枝野立憲民主党の驕りを見逃さないはずがない。自民党からいじわるされ、オリンピックで森喜朗に、そして都政で内田茂に対抗する健気な小池は支持されていたものの、希望の党の結成後にリベラルを排除するいじわるな小池になり、瞬く間に支持を失ったのと同じ構造が生じつつある。

もう一つ気になることがある。枝野代表は排除で小池とダブるのに加え、自己陶酔し暴走する姿は前原にもダブって見えてくることである。別のブログで触れたが、前原も排除や踏み絵の段階で小池に向かって啖呵を切って「それなら民進党で戦う」と撤退していたら、こんなに傷は大きくならずに済んだだろう。枝野代表も今が突っ張り路線から撤退する潮時である。

篠原さんは分裂前の民進党の評価が高いようですが、国民は「立憲を中心の野党再編」もしくは「野党再編せず」を求めているようです。

3党が合流したって、また内部でガタガタして終わるだけだと思います(民進や希望内部ですら、まったくまとまる気配がないですし)。

統一会派ではなく、政策ごと、選挙時の棲み分けが一番シックリとくるのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 匿名 より:

    言いたい事はわかるけどそれを外に向けて言っちゃうから今民進党こんな状態なんでしょ。言いたいなら本人に言うとか内側だけで話し合うとかすればいいのに。わかってないんだな〜。立憲もこうあってほしい形に近いってだけで本当にどうなるかわからない。じっくり見極めていかないとね。

  2. 匿名 より:

    自ら変えられない民進党は何をしても最後までこのグタグタした感じで参議院選挙を迎えるのでしょうね。他党協調ではなくて他党に乗っかるだけの民進党には投票しない。与党の自民党と公明党に戦う姿勢がまったくない。

  3. 愛国者 より:

    確かに野党共闘拒否とか枝野は調子に乗ってるな
    前原化してる

  4. 匿名 より:

    神輿に乗ることしか考えていない議員では、民進党でも立憲でも自民党と大差ない。
    篠原も上滑りな数会わせしか見えていないな。
    これでは下からの民主主義とは相容れないよ。

  5. 匿名 より:

    新説というよりは珍説。

  6. 匿名 より:

     「小池・前原化している」なんて悪口よりも。 大人の合理的な対応を望みます。ウエットな馴れ合いはこりごり~   

  7. 匿名 より:

    民進党って、結構ごりっぱなこと言うんだけど、戦う強さも大きな器感もないからイヤなんですよね~民進党には期待していたけどそういう失望がある。ひとのところより自分とこをちゃんとしたら、と思います。
    とりあえず、えだのんにはがんばってほしい!

  8. 匿名 より:

    枝野は現実主義。
    篠原は理想主義。
    国民はどちらを選ぶかだ。

  9. 匿名 より:

    大騒動の末に別れた希望の党とくっつこうとする、民進党。
      …それ無理。絶対無理。だから蓮舫さんたちは出てったの。この痛い経験を活かして成長するべき。

    「希望と党とは理念政策が異なるため、統一会派を組むことはできない」「民進党とは考えが近いが、残念ながら…」by福山幹事長

  10. 匿名 より:

    民進党よ、お前は馬鹿か

  11. 安倍くたばれ! より:

    安倍のアホと同じ憲法改悪賛成じゃまともな市民は応援しないよ!!

  12. 匿名 より:

    よそ様にグダグダ文句を言うより、自分たちのやるべきことを早くやってしまいなさい。
    野党をバラバラにしてしまった政党の議員が何言ってるの、恥を知りなさい。
    一体何が目的なんだ。よそ様に責任を持って行ってはいけないね。
    この人たちの集団が、先を見通せず、無能で無責任な考えや行動をとったおかげで現在の混迷した状況があるんでしょ。
    早く、一人前になりなさい。いろいろなことを他党に呼び掛けるのはそれからの話だろ。
    曲がりなりにもこの人は国会議員だろ、ジェスチャーにうつつを抜かしていてはいけないね。

  13. 匿名 より:

    篠原孝氏は、日本国民の意識をまったく理解していない。リベラルだの保守だの比較のレベルの話ではない。立憲民主党が支持を得たのは、憲法を無視し、三権分立を破壊し、民主主義を踏みつけにして、自分たちさえ良ければ他人は死のうが苦しもうがどうでも良いという政治が、当たり前のように安倍自民党、山口公明党、松井維新の党によって行われ、日本国民の自由と人権が取り返しのつかなくなるほど侵蝕されている事実に気づいたからだ。民進党は与党時代にTPPに参加し、増税のきっかけを作った。与党後期の野田佳彦は鳩山時代に止めていた官僚の宿舎建設を、国民にうやむやに内に許可したのを皮切りに、改憲による集団的自衛権を認める提言をし、武器輸出禁止三原則を見直す案を発表して武器で商売をする事を認め、オスプレイを米国の言うなりに沖縄に配備し、原発の再稼働を決めた、これはみんな民進党の後期の実状。最近レンホウ氏が立憲に入ったらしいが、レンホウ氏は野田佳彦の子飼い。安倍自民党は国賊だが、その国賊を作り出したのは、野田民進党と言って良い。民進は十分に戦犯と言える。そんな民進党と連携を組むほど、立憲民主党はバカではないだろう。そんな事は日本国民が許さない事を枝野氏は知っているはずだ。むしろ、民進党よりも希望に行った大串氏とその支持議員14名の方が、よほど立憲民主党と共に戦えるはずだ。篠原孝氏は与党時代の反省もせず、何を言っているのか。調子にのっているのは民進党であり、篠原孝氏あなた自身だ。こういう立憲民主党を形骸化させようとする発言や行為は、日本国民は断じて許さないだろう。民進党が支持される事は永遠に無い。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑