”本当に”健康になるための情報をお届けします!

健康になるためのブログ🐾

【これが現実】レーガン元大統領・特別補佐官「中国と日本が尖閣諸島で衝突しても、海兵隊は何もできない。北朝鮮のミサイルを打ち落とすこともできない」

投稿日:

「海兵隊は日本の防衛に無関係」 元米大統領特別補佐官/地位協定見直しにも言及

「沖縄の海兵隊は日本の防衛に役立っていない。米国の防衛とも無関係」――米保守系シンクタンク、ケイトー研究所の上級研究員ダグ・バンドウ氏が1月12日に都内で講演。「中国と日本が尖閣諸島で衝突したとしても、(役割が異なる)海兵隊は何もできない。北朝鮮のミサイルを打ち落とすこともできない」と述べ、海兵隊の沖縄からの完全撤退を主張した。

 レーガン大統領(在任1981~89年)の特別補佐官を務めたバンドウ氏は外交政策の専門家。市民団体の招きで来日し、在沖縄米軍基地などを視察するとともに、翁長沖縄県知事、防衛大臣経験者の自民党国会議員らと面談した。

 講演でバンドウ氏は、沖縄の基地負担軽減の問題について「日本政府は対米関係への悪影響を恐れて、米国政府に何の要求もしていないが、日本政府が求めれば、米政府は最終的にそれに従うはずだ」との見方を示した。日米地位協定に関しても「基地は日本の領土にあり、ルールを決める立場にあるのは日本政府だ」と交渉による見直しの可能性について言及した。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

「日本は守ってもらってるだけ」と言ってるネトウヨ&ネトウヨ政治家&ネトウヨ評論家は、このバンドウさんの言葉をよく噛みしめて、今後はウソをつかないようにしましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

いつもシェア・拡散お疲れ様です<(_ _)>

-政治経済, 海外

Copyright© 健康になるためのブログ🐾 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.