【ハァ?】安倍総理アメリカから5年で30兆円の武器を買う約束をしていることが判明 (1年で6兆円)

公開日: : 最終更新日:2015/10/05 政治経済

137683053786913123429_2100373

スポンサーリンク

http://foreignpolicy.com/2015/07/16/japans-expanding-military-role-could-be-good-news-for-the-pentagon-and-its-contractors/ から転載

「今年の日本の防衛予算は、日本の軍事能力を向上させるための、
より大きな推進力の一部となるものです。
安倍首相は、アメリカ製のF-22S、F-35S、およびグローバルホーク無人偵察機
などの新しい戦闘機や、海軍艦艇、そしてドローン等々を、
2014年と2019年の間に、2400億ドルを費やすことを約束しました。

彼はまた、セキュリティの問題で彼に助言するために、
米国の国家安全保障会議をモデルにした、諮問委員会を形成しています。」

「訪問中に同じく、米国と日本は、各国間のより大きな軍事協力を可能にする
新たな合意である、共同防衛ガイドラインを発表しました。
この契約(約束)の一環として、
日本は日本自体が攻撃を受けていない場合であっても、米国の領土に向かう
ミサイルを撃墜することに合意しました。
米国と日本軍スタッフは今より更に密接に連携することができます。」

スポンサーリンク

以下ネットの反応。


2015E5B9B4E59BBDE5AEB6E4BA88E7AE97E381AEE58685E8A8B3

1年で6兆円・・・社会保障を削るのでしょうかね?
ホントにふざけた男です。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 匿名 より:

    中華使節団の爆買いの何倍だ?

    おぼっちゃまくんに政権取らせておくと、本当に破たんする。早く衆参ダブル選挙に持ち込んで、共産党政権を立てるしかないのか。

    それでいいのか、自民党の若手諸君…

  2. 情報のウラを取ったら? より:

    何でもそのまま信じすぎですね。元ネタのブログの記事はすでに削除されてます。ガセネタで騒いでいたらいくら反安倍とか言っていても説得力がないです。

    そもそも防衛省の予算は5年で30兆なんて出せるほど多くありません。トレースできる情報で確認しましょう。
    ★わが国の防衛と予算–平成28年度概算要求の概要–
    http://www.mod.go.jp/j/yosan/2016/gaisan.pdf

    • 健康オタクなMr.K より:

      英語記事の方は生きてるよ。読める?
      あと分割払いで武器が買えるようになったの知ってる?
      その程度の知識で上から目線・・大丈夫?

  3. rei より:

    中国と軍備競争して経済共倒れさせようとでもしてるのか?まともにやりあって勝てっこないじゃん、そもそも。

    経済刺激なんていう言い訳にもならないし、この場合。国家予算の1割もスペシャル・インタレストの輸入に使ったらアベノミクスもくそもない。

    安倍と金正恩とのきちがいっぷり、いい勝負だよ。

  4. おびえるオタク より:

    日本がアメリカの武器を買わないなんて言ってみろ、
    たぶん、いつの間にか中国と日本が戦争することになってるぜ
    (アメリカの軍事企業が武器を輸出して儲けるため)

    アメリカは、世界最強の軍事国家だぞ
    世界は弱肉強食で、強いものが正しくて、勝つんだよ…
    背いた国や地域がどうなったか、覚えてないのか?
    イラクで民間人は何人死んだ?

  5. 藤原 より:

    記事をよく読みましょう。 24.7兆円は防衛計画の大綱にある向こう5年間の日本の防衛費の総額です。 アメリカからの購入品額ではありません。 さらにこの英文記事を書いた記者の軍事に関する知識は中途半端で三流週刊誌の記事並みの内容です。 日本が購入予定とされる兵器はすべて今まで国内のマスコミにも発表済みのもので、大綱にも載っています。秘密でも何でもありません。 それからF22は米国議会の議決で海外販売は禁止されている上、あまりに高額なため、すでに生産も終了しています。 諮問委員会も日本版NSCとして何度も紹介されほとんどの日本人が周知のことです。  こんな記事に何の目新しさも秘密もありません。 きちんと検証すればわかる話です。 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑