【社畜問題】経団連が早くも次の規制緩和(働き方改革)に期待!「残念ながら今回外れた裁量労働制拡大は早期の法案再提出を期待する」

経団連、早くも「次」の規制緩和に期待 働き方改革

法成立を受け、早くも次の規制緩和を目指す動きも出ている。経団連の中西宏明会長は法成立を歓迎する29日のコメントで「残念ながら今回外れた裁量労働制拡大は早期の法案再提出を期待する」と早速、注文をつけた。政府は、再提出に向けた議論の前提となる働き手の実態調査の準備に、今秋にも取りかかることも視野に入れる。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 匿名 より:

    経済界のトップが政府に、人件費に関する制度改正をお願いして利益を出す。
    これを希求することしか、利益を出す方法を思いつかないってことか。
    もう、企業として詰んでる。
    戦後日本経済を支えた人たち、創業者がこの状況をみたらどう思うのかな。

    これからどんどん人口が減っていく。
    こんなことする会社に、優秀な人材は集まるんだろうか。
    これを是とする会社は、伸びていくんだろうか。

    会社が1000万以上くれるような、能力が高い人は独立して
    自分が社長になった方が、いいんじゃないかと思う。
    海外も含めて、自分をもっと高く評価してくれる企業に移るとか・・
    高度な人を、自社につなぎとめておきたいなら、企業は1000万どころか、
    本当はもっと支払わなくてはいけないはず。
    高いレベルの人の能力も企業が、かすめとっているように感じる。

    そこそこ能力の高い人は、1000万以上働かない方がいいと思う。
    これから、この給与ラインが下がりそうなら、一般労働者は
    他の生存手法も複数作って(農業とか)絶対に社畜にならないこと。
    会社勤務時間をなんとか減らす。

    労働者は敵(政財界)からなんとしても身を守り、
    生き延びる戦略を立てないといけない時代になったのかもしれない。
    昭和のオッサン社畜精神は百害。命を失う。
    自民党与党&経団連は、生き血をすするケダモノ。命よりカネ。
    ケダモノに丸腰で相対してはいけない。

  2. 匿名 より:

    うんでもコレと同じ内容、8日の財形新聞ですでに報じられてるわけで、
    https://www.zaikei.co.jp/article/20180608/446398.html

    朝日新聞はどうして法案成立後に言うのかな?
    まー言わんよりゃマシだけど。

  3. 愛国者 より:

    それでも一部しか反対しない愚民国家

    • 匿名 より:

      そもそも日本国民の大半はW杯に浮かれて、この過労死促進法の成立を知っているとは思えん。
      どうせ、いつもの如く、施行されてから「いつの間に決まってたんだ」とシュプレキコールを上げて被害者面するんだろうな。自分たちが惰性と棄権で今のでんでん一味を生き永らえさせているからこんな法律が決まったんだという事を棚上げして。

    • 匿名 より:

      いつものテンプレコメントだが
      誰に向かって何のために書いているのかわからない。
      ここの読者はほとんど政権批判派だろう。
      どうしてそれをネトサポや安倍信者がいるところに書きこまないのか。
      そういうサイトも書き込んでいるというならいいが、
      自分はよそを視察しても、それらしいものを見かけたためしがない。

      • 匿名 より:

        >どうしてそれをネトサポや安倍信者がいるところに書きこまないのか。
        普通にへタレだからだろ。それかただのキチガイアラシだろ。

      • 愛国者 より:

        他でも書き込んでるに決まってんだろアホ
        大体このサイトでも自民や希望に入れた奴がいるだろが

    • 匿名 より:

      「ブラック企業が存在するのは転職しようとしない労働者が悪い」という論理に似てますね。

  4. 匿名 より:

    アメリカのホワイトカラーエグゼンプションは年俸200万円台後半から適用されている
    TPPでアメリカに100%合わせている最中なので
    数年もしないうちに日本も同じ状況になる
    違反しても罰則もないのでブラック企業は光速で採用すること間違いなし

  5. 匿名 より:

    労働者が新しい働き方を求め 労働者自らをいっそう向上させるために この法案に与党国会議員及びそ似た国会議員が 大賛成したのです
    また 労働者から「奴隷」への飛躍を 経団連は期待しているのです
    結局 労働者諸氏は 経団連が望むような「奴隷」にならないと 雇ってもらえませんよ
    「奴隷」という新しい社会階層の固定化政策が この日から始まるんだな

    「奴隷」という身分の創設に いかに反対があろうが 法律として成立してしまえば それは一人で歩きだす
    もう だれも止められない 後戻りも出来ない

    あなたも明日から「奴隷」ですよー 「奴隷」になれるんですよー 嬉しいでしょー

  6. 匿名 より:

    安倍オススメ人間から奴隷になってくれ。

  7. 匿名 より:

    労働基準法制定以前は企業がヤクザを使い労働者を弾圧していた
    またヤクザを使うわけにはいかないので安倍ヤクザに労働基準法を替えさせたわけだ
    労働環境は近代史に逆戻りしたわけだ

  8. 匿名 より:

    日銀の黒田が日本国の企業の株かを公金によって買い支えているのは、日本企業を守るためでは無い。現在、日本企業の株式の多くはアベノミクスという名の売国政策によって日本銀行になっているが、日本銀行の株主が誰なのかを考えれば、日銀の黒田がしている事は欧州金融カルテルによる日本企業の乗っ取りの実行部隊そのもの。それも日本国民の血税を使っての乗っ取りに他ならない。サラリーマン上がりの企業社長達は、長いものには巻かれろの精神で、自分の社長任期中に世界の大資本家に敵として目を付けられる事も無く過ぎる事が最大の関心らしい。現在の日本企業の経営陣は、日銀が自分たちの役職という地位を守り、経済的な保障してくれていると考えて安心しているのか、まったくの他力本願で、米国のトランプ大統領が就任した時に日本国の内需拡大の絶好の機会であったのを逃し、日本国民の生活の安寧の破壊に手を貸している。日銀は株式会社である。日銀の株主は、半分の50パーセントは日本政府が所有(日本国民ではない)し、残りの半分は海外の大資本家(ロスチャイルドやゴールドシュミット)が所有している。日銀が、日本企業の株式を大量に保有しているという事実は、海外の資本家が日本の企業株式の所有者になったのとイコールだ。これを乗っ取りと言わず何と言うのか。自民党、公明党、維新の党、希望の党は売国政党。黒田は売国奴。付け加えるが、国民民主党を信用すべきではない。所属党員を見れば、基本的に自民党と変わりはない。公明党は、自民党に対して昨日は「如何なものか」「問題があると思う」と発言したと思ったら今日には「法案に賛成」「問題ない」と日本国民を馬鹿にした行動をしているが、国民民主党も同じ行動をして、安倍自民党の翼賛政党である事を世間に示している。日本国民の人権と自由、そして生活の安寧を侵害し破壊する政策に賛成したり、反対活動を行わない政党や組織は日本国民の敵。

  9. 匿名 より:

    自民党公明党維新などの お陰で
    労働法制を味方につけた 経団連
    労働法制を敵に回した 働く人々

    これで またも内閣支持率が 上がるんだろうね

  10. 匿名 より:

    うん、内閣支持率上がるよ、捏造という名の支持率がね

  11. 匿名 より:

    テレビを見ると白痴になるのが良く分かりますな。

    安倍・自民党に都合の良いことばかりタレ流して、不都合な事は
    ダンマリを決め込むマスコミ・・・・。

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑