【キショイ~】元陸上の為末さん「ところで大会期間中の気温を心配する人たちと、現政権に反対の人たちが妙に重なっているのが偶然だろうか」

【キショイ~】元陸上の為末さん「ところで大会期間中の気温を心配する人たちと、現政権に反対の人たちが妙に重なっているのが偶然だろうか」

公開日: : スポーツ, 政治経済 ,


以下ネットの反応。

 

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 匿名 より:

    合理的根拠を示しながら気温を心配しなくてよいというなら、それはそれで一つの意見だが、そうではなく、それをまるで現政権を批判してはいけないかのような主張に結びつける。
    たしかにこの発言は気味が悪い。

  2. 匿名 より:

    今日も2人熱中症で亡くなっている。小学生が亡くなり高校野球の予選が始まり夏合宿や夏休み中の部活動についてそろそろ文部科学省は何か動かなくていいのかな〜。何もしないで事が起きると末端の責任にして終わらせるのかな〜。仕事しろよ〜。

  3. 匿名 より:

    【電通の為の発言の為の末 大炎上】為末大氏が代表の株式会社侍と協業し「アスリートブレーンズ」事業を展開

    株式会社電通は、タレントマネジメント、企業コンサルティング・アドバイザーサービス、ランニングスクール運営、イベント企画の開発・提供などを行う株式会社「侍」と協業し、アクティブヘルシーな世の中づくりに貢献する「アスリートブレーンズ」事業を展開していきます。
     アクティブヘルシーとは「前向きで活動的な毎日を送っている状態。例えば、朝、ワクワクして目が覚めて、夜、満ち足りた気持ちで眠ることが出来るような状態」のことを指します。そんな世の中づくりに貢献すべく、7名のトップアスリートが立ち上がりました。
    為末 大氏(陸上400mハードル)、朝原 宣治氏(陸上100m)、朝日 健太郎氏(ビーチバレーボール)、松下 浩二氏(卓球)、武田 美保氏(シンクロナイズドスイミング)、村主 章枝氏(フィギュアスケート)、竹下 佳江氏(女子バレーボール)で、全員オリンピック出場を果たした日本のトップランカーです。
    「事業の代表を務める為末氏」は、アスリートの価値は、自らの身体で試行錯誤を繰り返し、蓄積された実践知にあると思います。アスリートブレーンズ事業を通して、この『実践知』を社会に還元することができれば、自分の身体に興味を持つ人が増え、人々の行動を変えていけるのではないでしょうかと語ります。
    電通は、2020年に向けて高まる健康への意識を背景に、この為末氏の思いと電通のクリエーティビィティーを掛け合わせることで、アクティブヘルシーな世の中づくりに貢献していきたいと考えます。

     両社は共同で、以下4つのサービスを展開していきます。

     1.推奨マーク提供サービス
    アクティブヘルシーな世の中の実現に向けて、生活者の方々にお薦めしたい商品を、アスリートブレーンズ推奨商品として認定するサービスです。認定された商品は、この推奨マークをマーケティング活動にご活用いただけます。
     2.共同開発サービス
    事業メンバーの「実践知」を、予防医療、ヘルスケア、スポーツ、ウェルネス、健康経営、幼児教育、都市開発といったさまざまな領域に還元し、アスリートブレーンズならではの発想・提案で、新しい商品、サービス、コンテンツ開発を提供するサービスです。
     3.研修・講演会サービス
    事業メンバーそれぞれのスポーツ競技で体得した「実践知」をビジネスの場で役立つナレッジに変換し、セルフマネジメントやチームマネジメントを研修・講習会を通じて共有するサービスです。
     4.アクティブヘルシーバンク
    協賛金の一部を運動する楽しさを体感する教室や、障害者スポーツの普及など、アクティブヘルシーな世の中づくりに貢献する活動のサポートに活用していきます。

    ↑これが、為末大が安倍マンセーの理由です。電通絡みで商売の為の末。

  4. 匿名 より:

    逆に言えば気温を心配しない、各国の来場者やアスリートのことよりも私利私欲にばかり目が眩んでいる方が安倍政権支持者ってわけね
    断固として、オリンピック開催反対
    で、フランスは電通等のやらかした招致不正についていつ正式に訴えるんだ?直前ほど面白いが

  5. 匿名 より:

    記事中の最後の
    「五輪の心配をしてもらえるのはありがたいけれど、連日この猛暑の中でプレイしているプロ野球選手の方は心配にならないんだろうか。アスリートとして練習してきているという点ではそれほど変わらないと思うのだけれど。」という為末氏のツイートを読む限りでは、為末氏は専らアスリートのことを心配しておられるようですが、観客、日本人ばかりでなく、日本よりは暑くない地域からお越しになる(汗腺のあまり発達していない)観客(観光客)に対しては心配しておられないようで。
    まさにアスリートファーストですね
    ちなみに
    参議院議員山本太郎の
    東京二〇二〇オリンピック・パラリンピックが猛暑の環境下で開催される危険に関する質問主意書とそれに対する政府の答弁書
    http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/syuisyo/190/meisai/m190136.htm
    を読むと政府はそれなりに現在検討中らしいですね。期待しましょう。

    • 匿名 より:

      読んだけどちっとも期待できません。
      政府が考えてるのは、外国人への熱中症に対する情報発信と、医療機関の充実ぐらいじゃないですか。
      とりあえず説明して、あとは自己責任。
      病院は用意しとくから、勝手に行け。医療費もちゃんと払えよって事ですか?

      日本の夏はもう「命に関わる危険な暑さ」なんですよ。
      そんなところで五輪やるってのが、非常識でしょ。

  6. 匿名 より:

    元陸上でも変な奴は居るんだな脳みそ筋肉で出来てんじゃね?

  7. 漂う人 より:

    「大会期間中の気温を心配する人たちと、現政権に反対の人たちが妙に重なっている」

    ということは、きちんとした常識的な判断のできる人は、現政権に批判的である、ということでしょう。
    しごく当然のことです。

  8. 匿名 より:

    ヒント

    老人

  9. 匿名 より:

    「御上のやる事に黙って従え。疑問を持つな。盲信しろ。」と?

  10. 匿名 より:

    さすがですね 素晴らしいコメントですね
    ニッポンのアスリートだったお方ですね
    何か 現政権におねだりしたいんでしょうか
    あなた様の仰るように
    大会中の気温のこと心配しない人たちと 現政権を支持する人たちとが 妙に一致しているのは 何かの偶然なのでしょうか
    大会の際には 重要な役職が約束されると 良いですね

  11. 匿名 より:

    世界的なアスリートたちは ニッポンの熱暑程度では 影響を受けないのでしょう 鍛え方が違うようですね
    ニッポンのアスリートであった割には 持って回った言い方で 何が言いたいのか 日本国民には発言の意味が理解出来かねます 

  12. 匿名 より:

    偶然なわけ無いだろ。
    普通に考えれば心配して当たり前のことを忖度で口に出さない層がいるのは確実。

  13. 匿名 より:

    ネットで見る限り、最近のマスコミ報道では学校の体育や部活における
    熱中症の危険を訴える記事が目立つ。
    ところが、オリンピックについてそれを言う記事は少ないように思う。
    この矛盾はマスコミが自分の利害や政財界の意向のもとで
    報道をやっている証拠ではないだろうか。

  14. 匿名 より:

    くだらねえこと 言わずに 駆けっこしてろ

  15. 匿名 より:

    つーか原発ってアンダーコントロールされてねえんだろオリンピックとか下手な事言ってる場合なのかねまじで

  16. 匿名 より:

    為末のような輩はアスリートでもなんでもありません。
    ゴミです。
    アベシンゾー・アキエと一緒に監獄へどうぞ!

  17. 写楽斎 より:

    この件は一言でいうなら「スポーツバカの愚かな発言」だろう。
    寝てる時間をのぞいて練習に明け暮れてきたアスリートなる人種は社会の常識や基本的な知識、社会に対する批判的な視点などと無縁な人生を過ごしてきているからこういう発言しか出来ない。ましてこのオトコは現政権が一般国民にとりどれほど酷い政権かを考えようともしないのだと思う。
    ただスポーツで少しでも有名な人物なら主張や考えも盲目で支持するバカがけっこう存在することも事実だ。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑