【正論】国民・津村氏が執行部を痛烈批判「対決も、解決もしていない」

【正論】国民・津村氏が執行部を痛烈批判「対決も、解決もしていない」

公開日: : 政治経済

国民民主党 津村氏、執行部を痛烈批判
「(執行部は)“対決より解決”という路線を標榜してこられたわけですけれども、対決もされなければ解決もなさってないと思います」(国民民主党 津村啓介 衆院議員)

 9日、代表選挙の立候補予定者への説明会に参加した津村氏は、「対決だとか解決だとか言葉をもて遊ぶのではなく具体的な政策を訴えなければ支持率は0%のままだ」と述べ、いまの執行部の方針を痛烈に批判しました。津村氏は来週13日に正式に出馬を表明する予定で、同じく代表選への出馬が見込まれる玉木共同代表との路線の違いを鮮明にしました。

 説明会には玉木氏の代理として岸本役員室長が参加したほか、津村氏よりも強硬な「反執行部」路線である今井雅人衆院議員らの代理人も参加しました。


以下ネットの反応。

 

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 匿名 より:

    本当に戦う気があるなら貫いてみろ。

  2. 匿名 より:

    いつまでも内乱してる野党なんて迷惑なだけ。

  3. 匿名 より:

    なんとか 日本国民の気を引こうと 必死ですね
    でも 本質は変わらないのですから 野党としては存在の意味はありません
    活躍の場を 与党の援護擁護政党と決めてしまえば 自民党支持者の多少でも 票が集められるかもしれないよ
    これ以上 野党の健全な発展成長の邪魔をしてはいけないよ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑