「日本は隣人」「中国・韓国は友人」ロシアのメドベージェフ首相日本をけん制:安倍談話の影響か?いや、間違いない!

公開日: : 政治経済

kqss

ロシアのメドベージェフ首相が22日、北方領土の択捉島を訪問しました。ノーボスチ通信によると、地域への外国投資の誘致に関し、中国と韓国を「友人」と呼び、北方領土の返還を求める日本を牽制(けんせい)しました。

スポンサーリンク

http://www.asahi.com/articles/ASH8Q5HQ2H8QUHBI021.html
メドベージェフ氏は到着後、空港や港湾、水産加工工場などを視察。外国投資に関連し、「島に最初に来る国が優先される。隣人の日本でも悪くないし、友人の中国や韓国でも悪くない」と述べ、日本が北方領土の帰属問題を理由に投資しなければ、中国や韓国と交渉する可能性を示した。

ロシア首相「日ロ関係と北方領土は関連づけるべきでない」

岸田大臣が抗議 ロシア首相の北方領土訪問を受け(15/08/23)

安倍談話より抜粋http://www.asahi.com/articles/ASH8G5W9YH8GUTFK00T.html
百年以上前の世界には、西洋諸国を中心とした国々の広大な植民地が、広がっていました。圧倒的な技術優位を背景に、植民地支配の波は、十九世紀、アジアにも押し寄せました。その危機感が、日本にとって、近代化の原動力となったことは、間違いありません。アジアで最初に立憲政治を打ち立て、独立を守り抜きました。日露戦争は、植民地支配のもとにあった、多くのアジアやアフリカの人々を勇気づけました。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

そりゃ世界が注目する談話で突然「日露戦争は、植民地支配のもとにあった、多くのアジアやアフリカの人々を勇気づけました。」なんて言われりゃ、ロシアとしても何らかの動きはしなければならないでしょうね。本当に「どこの国の」「誰が」アジアの脅威・緊張をわざわざ作り出しているかがよくわかる事例です。

今回のロシアの動きなんて全然ソフトだと思いますし、ロシアは粘り強く日本と友好関係を保とうとしていると考えられます。現状ロシアはアジアで友好的にやっていくしか道はないですからね。

だって、アメリカに一番いじめられているのはロシアです。西側諸国ではロシアはクリミアに強行したとレッテルを貼られ、プーチンは悪魔とされています。数年前の石油価格の下落はアメリカがサウジと組んでガンガン増産して、資源大国であるロシアの弱体化を狙ったものです。

米国防長官「ロシアは非常に重大な脅威」

ロシアの真の姿を探ることは、世界情勢を見渡すうえで必須かと思われます。ぜひ、クリミアあたりから。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑