”本当に”健康になるための情報をお届けします!

健康になるためのブログ

【女性活躍?】国会でいきなり稲田&高市が大暴走!稲田氏は代表質問で安倍ヨイショ連発、高市氏は職権乱用で国会の形骸化を狙う

投稿日:2018/10/30/ 11:00 更新日:

安倍の贔屓で復権した稲田朋美が“代表質問”に立ちトンデモ連発! 「民主主義は聖徳太子以来の我が国の伝統」
ついに、あの人物が安倍首相の“喜び組”として息を吹き返した。昨日29日、衆院本会議で安倍晋三首相の所信表明演説への各党代表質問がおこなわれたが、自民党の代表質問に立ったのが、あの稲田朋美議員だったのだ。

 代表質問とはその名の通り、政党や会派を代表する人物が首相の施政方針演説や所信表明演説などに対して質問をおこなうもので、今年1月と昨年1月の代表質問では二階俊博幹事長が、昨年11月の代表質問では岸田文雄政調会長が立った。一方、稲田議員は先日の内閣改造で、筆頭副幹事長兼総裁特別補佐に引き上げられたばかりだが、まさか、さっそく代表質問に立たせるとは……。

高市氏の国会改革案に野党反発 開会45分遅れる
 高市氏は25日、自民の小泉進次郎氏らによる超党派勉強会のメンバーに「議院運営委員長として実現を目指す事柄」と題する文書を提示。文書には、ペーパーレス化の推進▽法案審議の方法改善▽本会議場への「押しボタン方式」の導入--の3点が明記されていた。

 これに対し、立憲民主党など主要野党の国対委員長らは29日、国会内で会談し、高市氏に撤回・謝罪を求めることで一致。立憲の辻元清美国対委員長は「各党と協議する前に(改革案を)全然違うところに示すのはあってはならない」と記者団に語った。

 高市氏は記者団に「野党に懸念を与えてしまった。ご迷惑をおかけした」と語ったが、国民民主党の原口一博国対委員長は党会合で「今後もこの問題を追及したい」と述べた。

スポンサーリンク

以下「稲田」への反応。


スポンサーリンク


以下「高市」への反応。

健康Mr.K
超お友達内閣が復活した安倍内閣。民心が離れているのは十分感じているでしょうから強引にやるしかありません。今国会は荒れそうです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

いつもシェア・拡散お疲れ様です<(_ _)>

-政治経済, 秋の臨時国会2018
-, ,

Copyright© 健康になるためのブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.