”本当に”健康になるための情報をお届けします!

健康になるためのブログ🐾

【隠ぺいか】「11歳少女が100ミリシーベルト被ばく」公表されず、放射線医学総合研究所「公表すべきものとは認識していなかった」

投稿日:

11歳少女、100ミリシーベルト被ばく 福島事故直後 放医研で報告

東京電力福島第一原発事故の直後、福島県双葉町にいた十一歳の少女が、喉にある甲状腺に推計で一〇〇ミリシーベルト程度の被ばくをしたと報告されていたことが、国の研究機関・放射線医学総合研究所(放医研)の文書から分かった。

一〇〇ミリシーベルトは国などの資料で放射線の影響でがんの発症が増加し得る目安として使われてきた。しかし、国はこれまで「一〇〇ミリシーベルトの子どもは確認していない」と発表し、この報告は伏せられていた。 

甲状腺は首の部分にあり、放射性ヨウ素が集まりやすい。国や福島県の公表資料には「がんのリスクは一〇〇ミリシーベルト未満で検出困難」「チェルノブイリ事故では一〇〇ミリシーベルト以上でがん発症」と記されている。

女児が甲状腺100ミリ被ばくか

当時、国が行った調査では100ミリシーベルトに達した子どもはいないとされていますが、報告を受けた放射線医学総合研究所では、データの信頼性が低いなどとして公表すべきものとは認識していなかったとしています。

福島の女児 甲状腺に放射線100ミリシーベルト被ばくか

福島県「該当する高い数値の記録はない」

福島県は「該当するようなデータは残っていない」としています。

国「コメントできる状態にない」

国の原子力災害現地対策本部は「事実関係については確認すべきことが多く把握できていないため、今の段階でコメントできる状況ではない」としています。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

健康Mr.K
とんでもない事実が、また明らかに。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

いつもシェア・拡散お疲れ様です<(_ _)>

-エネルギー・原発・放射能
-

Copyright© 健康になるためのブログ🐾 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.