”本当に”健康になるための情報をお届けします!

健康になるためのブログ

【この人なんなん】フィフィさん蓮舫氏へのデマを削除、直後に「私の影響力ってw」とツイート、スポーツ報知と日刊スポーツもデマ拡散、「名誉棄損」も

投稿日:2019/02/18/ 08:43 更新日:

フィフィさん、蓮舫議員が「改正児童虐待防止法に反対」と誤りをツイート→謝罪し削除

私は問いたい、なぜ平成16年の警察の積極的介入を盛り込んだ児童虐待防止法改正に反対した蓮舫議員が、今回の虐待死の件で現政権を責めることが出来るのか、私はその真意を問いたい。あなたは本当に国民の側に向いているのですか?それ以前に同じ親の立場として問いたい、なぜあの時反対したのですか?
(2019年2月17日 フィフィさんのTwitter[@FIFI_Egypt]より)

蓮舫氏は「誤解が流布されているようです」とTwitterに投稿し、フィフィさんのツイート内容を否定。「大手メディアもファクトチェックをせずに記事を配信しているようで…、残念です」と苦言を呈した。

フィフィさんはその後、立憲民主党から事実誤認の連絡を受けたとしてツイートを削除し、謝罪した。

しかし、その直後に「私の影響力ってw」とツイートした(このツイートも削除されている)。

フィフィ 蓮舫氏巡り逆ギレ「何度も謝ってもダメなんですか?」

そのため、フォロワーからは「フィフィさん残念ですよ 他人に厳しく自分に甘い」「何度も消してたけど全部見てました 普段色んなこと言ってるくせに、いざ自分の番になるとまともに謝罪もしない人だと思わなかった 同類でしたね」と厳しい批判の声が寄せられた。

 フィフィは「何度も謝ってもダメなんですか?」と逆ギレ気味にツイート。

 続けて「何度も何度も謝ってるのに、追い詰められてしまうなんて苦しいです。怖いです」とつづったが、これも削除するなど、心境は揺れ動いている。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

健康Mr.K
「親として問いたい」事実関係を調べもせずデマを拡散させておいて、謝罪もまともにできない人間に「親」を語る資格はありません。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

いつもシェア・拡散お疲れ様です<(_ _)>

-2019通常国会, 社会問題
-, ,

Copyright© 健康になるためのブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.