2015/8/30国会前デモでの森村誠一スピーチ「戦争は最も残酷なかたちで女性を破壊する」

kwwwfffgggff

スポンサーリンク

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/260728
「どうかみなさん、今日の雨を忘れないように」――。

 『人間の証明』などの作品がある作家の森村誠一氏が、2015年8月30日、約12万人が集まった国会前でマイクを握り、スピーチを行った。

1945年8月14日、生まれ育った街・熊谷で空襲にあったという経験を持つ森村氏。これまで、新聞や雑誌など、様々なメディアで「反戦」のメッセージを訴えてきたが、この日は国会前に立ってマイクを握った。

 森村氏はスピーチの中で、戦争になったら女性や若者がいかにひどい目に遭うかということを、実体験を交えながら語った。

 「いわゆる、女性が壊されるということは、子どもが生まれなくなって、人生が破壊されて、そして地球が滅びるということ。女性を軽率に、軽蔑して、そして、竹槍を持たせてB29を沈める訓練をさせた。こんな馬鹿馬鹿しい戦争はない。その馬鹿馬鹿しい戦争を、安倍は再びできるような、可能な国家にしようとしています」

【スピーチ全文掲載】「ものを書く人間として絶対に許せない」――作家・森村誠一氏が国会前でスピーチ 「戦争は最も残酷なかたちで女性を破壊する」

⇒森村誠一さんのスピーチ全文はIWJで読めます

スポンサーリンク


以下ネットの反応。






森村さんの体験に基づく貴重なお話です。子供の頃、目の前で女性が女性でなくなっていく様がよほどショッキングだったのだと思います。

ネトウヨは文脈で話をつかめず、ワードレベルでしか言葉を捉えられないので、自分勝手に世界を作ってフェミニズムなんかと話を結び付けて批判を繰り返しています。アホ草ww。話者のバックグラウンド・想いを考慮に入れなければ、いつまで経ってもコミュニケーションなんてできませんよ。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑