【マスメディアの動向】8/30国会前デモを各メディアはどう扱ったか&国民の反応

公開日: : 最終更新日:2015/09/01 政治経済 , , ,

CNs1pOGU8AAGrCY

スポンサーリンク














一面で伝える地方紙!

2015090101_01_1

8・30大行動 海外メディアの反応

英国のBBCニュースは、同法案について、「第2次大戦後初めて、日本の軍隊が海外でたたかうことを許すもの」と指摘。戦争法反対のデモが学生や若者を中心に夏じゅう行われてきたことにも注目しています。

 英紙フィナンシャル・タイムズは、「安倍の軍事的計画に、これまで最大のデモで非難」の見出しで報道。「日本国民の多くは、憲法があってこそ日本が戦後70年間、戦闘で一発の銃弾も発射して来なかったと考え、いまなお憲法を守りたいと思っている」と指摘。「(30日の行動は)日本が平和国家としての世界からの信望を維持する最後のチャンス」との行動参加者の声を紹介しています。

 米紙ニューヨーク・タイムズは、国会周辺での行動について「第2次大戦後制定された平和憲法における軍に関する規定を緩めようとしている安倍政権に抗議する、日本全国300カ所での行動の一つ」として紹介。4歳の息子を抱いた女性参加者の「今、行動を起こしてこれを止めなければ、将来、自分の子どもにどう説明できるのでしょう」との声を紹介しました。

 中東の衛星テレビ・アルジャジーラ(電子版)は「軍国主義とたたかうために、日本国民が国会を包囲して抗議の声を上げた」と報道。中国紙・新京報は「12万人が国会を包囲し、『戦争法案』の廃案を求めた」と報道しました。

 韓国MBC放送は「法案が可決されれば平和国家としての日本はないという危機感が市民を街頭に動員させているが、安倍政権は逆に動いている」と指摘。同国SBS放送は「安倍政権と軍国主義復活を懸念する国民の声は、正面衝突を避けることができないようだ」と報じました。

メディアというのは本当は権力を監視しなければならないものですが、その役割を十分に果たしているマスメディアはありません。NHK・フジ産経・読売・日経などが政府広報機関であることは皆さんご存知かと思いますが、東京新聞(マスメディアでは1番)や毎日でさえも完全に国民側とは言い切れません(朝日は最近ヤバイ)。

ですから、我々はマスメディアが暴走していかないように、権力と共にマスメディアも監視していかなければなりません。特に、国民のお金でご飯が食べられているNHKが政府の広報をやっている現実を一刻も早く変えなければなりません。

【安倍広報】NHK6時のニュースで国会前デモを報じず!7時のニューストップは「タイの爆破事件」!誰の金で飯を食っているのか?

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑