”本当に”健康になるための情報をお届けします!

健康になるためのブログ🐾

【何しに行った?】ロウハニ大統領は強硬姿勢を崩さず、安倍総理は米イラン双方の板挟みに陥る可能性

投稿日:

緊張緩和、困難さ浮き彫り=日イラン首脳会談

【テヘラン時事】安倍晋三首相が日本の首相として41年ぶりにイランを訪問し、米国との緊張緩和に向けた仲介役を買って出た。

 ただ、12日の首脳会談後にはロウハニ大統領から米国をけん制する発言が飛び出し、米イランの溝を埋めるのが容易ではない現状が浮き彫りになった。

13日に首相はイラン最高指導者であるハメネイ師と会談する。だが、国際協調路線を掲げる保守穏健派のロウハニ氏でさえ態度に変化を見せない中、反米強硬派のハメネイ氏との会談はさらに難しいものとなることが予想され、首相は米イラン双方の板挟みに陥る可能性もある。 

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

健康Mr.K
NHKも事前のニュースで「前向きな対応引き出せるか焦点」とありますが、外交は結果ですから、周到な準備をして目に見える成果を示さなければ意味がありません。というかこの仲介失敗によりこじれる可能性も大いにあります。日本外交大丈夫でしょうか?

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

いつもシェア・拡散お疲れ様です<(_ _)>

-政治経済
-,

Copyright© 健康になるためのブログ🐾 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.